#19 音楽活動の現場は変わり得るのか?

閲覧回数 6,299 回

ライヴの現場がコロナ以前に戻るにはまだまだ時間がかかるだろう。ライヴストリーミングやオンライン上での音楽活動の試行錯誤はこれからも続くといえる。実演の代替としてのオンライン・セッションよりも、オンラインで現代のテクノロジーだから制作出来る音楽、あるいはバーチャル空間でしか出来ないミクスト・メディア的なものを含めた新たな試みが行われることを寧ろ期待したい。

続きを読む

ヒロ・ホンシュクの楽曲解説 #56 Jacob Collier <Woke Up Today>

閲覧回数 7,982 回

滅多なことでは「天才」という言葉を使いたくない筆者だが、ジェイコブ・コリアーに対しては他に言いようがない。独学で基本をしっかりと習得し、限りない可能性へと創造力を推し進める彼は、若干25歳にしてすでに4つのグラミー賞を獲得しているだけでなく、マスタークラスで教えることが出来るほどアイデアを明確に持つ。テクニックや理論も全て消化しており、さらに幅広い音楽のスタイルとグルーヴを完璧に習得し、その上で自由自在にグルーヴしまくる彼の分析を試みてみた。

続きを読む

新型コロナウィルスの出現で露見した諸問題

閲覧回数 8,690 回

少なくとも新型コロナの出現で、様々な問題に風穴が開いたことについては大いに喜びたい。

続きを読む

Reflection of Music Vol. 75 Moers Festival 2020: Live Streaming by arte

閲覧回数 8,324 回

多くの音楽イベントが中止または延期を余儀なくされる中、ドイツのメールス ・フェスティヴァルはプランB、つまりライヴ・ストリーミングによるフェスティヴァルを決行した。スローガンは “new ways to fly”、プランBによる開催はその言葉通りの試みだった。

続きを読む

POST・コロナル・ストラテジーズ

閲覧回数 7,021 回

我々はかくもウィルスの影響を被っている。そしてその負債をなんとかするために郵便的なるもの〜ポスタルな方法(デリバリーのロジスティクス)も考えている。

続きを読む

リモート時代の即興音楽

閲覧回数 7,880 回

リモート時代の到来とともに、隔離できない即興音楽を奏でる新しい“場”が生まれている。これをAfter/With Covid-19の苦難の時代で生きざるを得ない我々にとっての僥倖と言わずして何と言えよう。

続きを読む

音楽の実験性を肯定すること——ポストパンデミック時代を生きる集団即興あるいはメディア・アートについて

閲覧回数 6,730 回

むしろ資本の論理に従って生き延びることだけが正義とされる状況であればこそ、よりよく生きることを持続するための道を模索し、アンダーグラウンドな音楽活動を継続していくことを積極的に肯定する必要がある。

続きを読む

オンライン・コンサート、大いにあり!

閲覧回数 7,148 回

ミュージシャンは、それがどんな手段であっても自分の音で常に誰かと繋がり、また、誰かの心を癒したいのだと思う。

続きを読む

ヒロ・ホンシュクの楽曲解説 #55 小曽根真 <Someday My Prince Will Come>

閲覧回数 10,639 回

53日間に渡って毎晩21時に自宅から良質の音と画像でストリーミング配信し、医療関係やライフライン関係の方々にエールを送り続けた小曽根真、演奏された曲数は400以上だった。スタンダード曲に冒険を惜しまない彼の演奏は、9千人にのぼる視聴者を毎日ワクワクさせた。神野三鈴夫人の尽力で共同体感覚が生まれ、今までにないストリーミング配信形態が誕生したと言って過言でないだろう。その中で一番印象に残った<Someday My Prince Will Come>を題材に小曽根マジックの解説を試みた。

続きを読む

Hear, there & everywhere #19「Jazzin’ at home」

閲覧回数 8,512 回

Covid-19 がパンデミック化した状況下、Stay Homeを余儀なくされたジャズ・ミュージシャンは3密を良しとする職場を奪われどのような対応を見せたか?

続きを読む

#1130 TOKYO JAZZ +plus LIVE STREAMING

閲覧回数 11,024 回

内外アーティストのリモートアンサンブルや過去の名演をYouTubeでのストリーミングで届けた。

続きを読む

Interview #207(緊急) 田村夏樹+藤井郷子 Facebook Liveを語る

閲覧回数 7,375 回

フリーランスのミュージシャンという職業があるということを知らない役所の方がいっぱいいるらしいです。フリーランスとフリーターの区別がつかないらしくて、まずは就職活動してくださいと。

続きを読む

Interview #208(緊急)齊藤易子+大島祐子
メルス・フェスティバル 2020に出演して

閲覧回数 7,086 回

この状況で4月半ばにはフェスを決行する決断をし、そしてそれを実現したディレクター、フェスチームに脱帽です。なかなかできることではないし、ミュージシャンとして彼らから勇気をもらえました。

続きを読む

[配信] 5/1 インターナショナル・ジャズデイ・グローバル・コンサート

閲覧回数 8,396 回

4月30日国際ジャズデイを記念するグローバルコンサートがヴァーチャルで開催され全世界に配信される。

続きを読む

[配信] 4/30-5/1 JAZZ AUDITORIA ONLINE 〜80組以上の内外アーティストが参加

閲覧回数 11,572 回

4月30日の「国際ジャズデイ」を祝って、80組以上の内外アーティストによるライヴストリーミングを中心としたオンラインジャズフェスティバルを開催する。

続きを読む