#19 音楽活動の現場は変わり得るのか?

閲覧回数 887 回

ライヴの現場がコロナ以前に戻るにはまだまだ時間がかかるだろう。ライヴストリーミングやオンライン上での音楽活動の試行錯誤はこれからも続くといえる。実演の代替としてのオンライン・セッションよりも、オンラインで現代のテクノロジーだから制作出来る音楽、あるいはバーチャル空間でしか出来ないミクスト・メディア的なものを含めた新たな試みが行われることを寧ろ期待したい。

続きを読む

Tak. TokiwaのJazz Witness #03 ジョン・スコフィールドの想い出

閲覧回数 907 回

1987年に初めて自宅を訪れてインタビューをして以来、筆者が長くその活動を見守ってきたジョン・スコフィールド。その長年の交誼に感謝して、スコフィールドの音楽の変遷を追う。

続きを読む

ヒロ・ホンシュクの楽曲解説 #56 Jacob Collier <Woke Up Today>

閲覧回数 1,047 回

滅多なことでは「天才」という言葉を使いたくない筆者だが、ジェイコブ・コリアーに対しては他に言いようがない。独学で基本をしっかりと習得し、限りない可能性へと創造力を推し進める彼は、若干25歳にしてすでに4つのグラミー賞を獲得しているだけでなく、マスタークラスで教えることが出来るほどアイデアを明確に持つ。テクニックや理論も全て消化しており、さらに幅広い音楽のスタイルとグルーヴを完璧に習得し、その上で自由自在にグルーヴしまくる彼の分析を試みてみた。

続きを読む

#35 シドニー・ベシェとエルメスのスカーフ

閲覧回数 818 回

アメリカ文化とフランス文化の関係をシドニー・ベシェとエルメスのスカーフを通してみる。

続きを読む

小野健彦の Live after Live Ex.1~9

閲覧回数 757 回

今日もまた脳梗塞の後遺症による左半身片麻痺の身体を杖一本に預け、表現の場を彷徨う独り旅。今月は新型コロナウイルス危機の中、外出もままならず自宅PCにてアーカイヴ動画を視聴しながら思いを馳せる特別編。

続きを読む

RIP 追悼ジェネシス・P-オーリッジ

閲覧回数 680 回

それだけならまだしもジェネシス・P-オーリッジは、性転換してしまったのだ。それを非難するつもりは無い。僕だって時々オンナだったらなと思う事がある。

続きを読む

#1996 『John Scofield / Swallow Tales』
『ジョン・スコフィールド/スワロウ・テイルズ』

閲覧回数 934 回

80歳を迎えるスティーヴ・スワロウ・ソングブックをスティーヴ自身が参加したトリオで録音した待望のアルバム。

続きを読む

#1995『Marcin Wasilewski Trio, Joe Lovano / Arctic Riff』
『マルチン・ヴァシレフスキ・トリオ、ジョー・ロヴァーノ/アークティック・リフ』

閲覧回数 820 回

ジョー・ロヴァーノのECM作品を聴くとそのたびに「こんなをロヴァーノを聴くのは初めてだ」と思う。ヴァシレフスキ以上にECM以前、以後で音楽自体がはっきりと変化しているからだ。

続きを読む

#1994 『ミヤタトモコ/大きな海の中をゆく私たち』

閲覧回数 892 回

J-Popの体裁をとっているようでいて、ほんとうは不可思議な音楽だ。きこえてくるのはまるで外国の少女が書いたシュールな日本語のようなうた。

続きを読む

#1993『ヒロ・ホンシュク & 城戸夕果/Love to Brasil Project – EP』
『Hiro Honshuku & Yuka Kido /Love to Brasil Project – EP』

閲覧回数 889 回

敢えてベースやパーカッション類など一切 使わず、シンプルに2本のフルートとピアノだけで組まれている事でホンシュクと城戸、それぞれ の技量の高さと限りないフレキシビリティが際立つ。

続きを読む

#1990 『Cory Smythe / Accelerate Every Voice』

閲覧回数 946 回

コーリー・スマイスがまた刮目すべき作品を発表した。緻密かつ自由な5人のヴォイス・アンサンブルと即興を展開するとともに、自身は鍵盤とエレクトロニクスで演奏に参加している。大きな広がりも有機的な重層性もあり、全体として意思を持つようなサウンドである。

続きを読む

#1989 『Interactive Reflex』

閲覧回数 979 回

アルトサックスの柳川芳命が、かれと同様に東海地方を中心とした音楽活動を展開している5人のギタリストとのデュオ演奏を行った記録。それぞれの個性とともに、柳川のアルトがギターの違いを受けて呼応するありようにも注目すべきだ。

続きを読む

#1988 『Sabu Toyozumi, Rick Countryman, Simon Tan, Yong Yandsen/Voices Of The Spirit』
『豊住芳三郎||リック・カントリーマン|サイモン・タン|ヨン・ヤンセン/ヴォイセス・オブ・ザ・スピリット』

閲覧回数 856 回

この音楽は、その地の精霊とフリージャズのホーリーゴースト(聖霊)が共に歌い上げる声なのだ。東南アジアだからこそ生まれた新生フリージャズに栄えあれ!

続きを読む

#607『フランソワ・キャリリール,纐纈雅代,不破大輔,井谷享志/日本組曲』
『Francois Carrier,Masayo Koketsu,Daisuke Fuwa,Takashi Itani / Japan Suite』

閲覧回数 924 回

ミックス・バランスの見事さか。空間に響く遠近感が、耳に刺激のない音像を作る。

続きを読む

#605『Marcin Wasilewski Trio, Joe Lovano / Arctic Riff』
『マルチン・ヴァシレフスキ・トリオ、ジョー・ロヴァーノ/アークティック・リフ』

閲覧回数 782 回

ピアノの抜けのいい鮮明なサウンドは優秀録音の証だ。

続きを読む

新型コロナウィルスの出現で露見した諸問題

閲覧回数 3,864 回

少なくとも新型コロナの出現で、様々な問題に風穴が開いたことについては大いに喜びたい。

続きを読む

Reflection of Music Vol. 75 Moers Festival 2020: Live Streaming by arte

閲覧回数 3,679 回

多くの音楽イベントが中止または延期を余儀なくされる中、ドイツのメールス ・フェスティヴァルはプランB、つまりライヴ・ストリーミングによるフェスティヴァルを決行した。スローガンは “new ways to fly”、プランBによる開催はその言葉通りの試みだった。

続きを読む

POST・コロナル・ストラテジーズ

閲覧回数 3,128 回

我々はかくもウィルスの影響を被っている。そしてその負債をなんとかするために郵便的なるもの〜ポスタルな方法(デリバリーのロジスティクス)も考えている。

続きを読む

リモート時代の即興音楽

閲覧回数 3,493 回

リモート時代の到来とともに、隔離できない即興音楽を奏でる新しい“場”が生まれている。これをAfter/With Covid-19の苦難の時代で生きざるを得ない我々にとっての僥倖と言わずして何と言えよう。

続きを読む

音楽の実験性を肯定すること——ポストパンデミック時代を生きる集団即興あるいはメディア・アートについて

閲覧回数 3,020 回

むしろ資本の論理に従って生き延びることだけが正義とされる状況であればこそ、よりよく生きることを持続するための道を模索し、アンダーグラウンドな音楽活動を継続していくことを積極的に肯定する必要がある。

続きを読む

オンライン・コンサート、大いにあり!

閲覧回数 3,196 回

ミュージシャンは、それがどんな手段であっても自分の音で常に誰かと繋がり、また、誰かの心を癒したいのだと思う。

続きを読む

ヒロ・ホンシュクの楽曲解説 #55 小曽根真 <Someday My Prince Will Come>

閲覧回数 4,702 回

53日間に渡って毎晩21時に自宅から良質の音と画像でストリーミング配信し、医療関係やライフライン関係の方々にエールを送り続けた小曽根真、演奏された曲数は400以上だった。スタンダード曲に冒険を惜しまない彼の演奏は、9千人にのぼる視聴者を毎日ワクワクさせた。神野三鈴夫人の尽力で共同体感覚が生まれ、今までにないストリーミング配信形態が誕生したと言って過言でないだろう。その中で一番印象に残った<Someday My Prince Will Come>を題材に小曽根マジックの解説を試みた。

続きを読む

#34 ビル・エヴァンスの『中年の危機 』

閲覧回数 3,233 回

ジャズ史上極めて重要なピアニストであるビル・エヴァンスの1970年代の変身ぶりについて。

続きを読む

Hear, there & everywhere #19「Jazzin’ at home」

閲覧回数 3,649 回

Covid-19 がパンデミック化した状況下、Stay Homeを余儀なくされたジャズ・ミュージシャンは3密を良しとする職場を奪われどのような対応を見せたか?

続きを読む

#1986 『フランソワ・キャリリール,纐纈雅代,不破大輔,井谷享志/日本組曲』
『Francois Carrier,Masayo Koketsu,Daisuke Fuwa,Takashi Itani / Japan Suite』

閲覧回数 3,167 回

魅力の焦点は何と言っても、フランソワ(キャリリール)のフリージャズ風フレージングと纐纈雅代のリアル・フリージャズのフレージングを対決させたアイディアにある。

続きを読む

#1984 『Kikanju Baku and Citizens of Nowhere / ‘No Justice = Justification’ & ‘Revolt Against State Stimulated Stockholm Syndrome’』

閲覧回数 3,412 回

キカンジュ・バクが創造する訳のわからなさ・混沌・曖昧性は、地下音楽の醍醐味のひとつであり、ケイオティックで挑発的な音楽スタイルと共に、好奇心が刺激されて止まない。

続きを読む

#1130 TOKYO JAZZ +plus LIVE STREAMING

閲覧回数 4,729 回

内外アーティストのリモートアンサンブルや過去の名演をYouTubeでのストリーミングで届けた。

続きを読む

#601『アヴィシャイ・コーエン/ビッグ・ビシャス』
『Avishai Cohen / Big Vicious』

閲覧回数 3,154 回

素晴らしい録音技法の重ねが引き出す音像に陶酔。気持ちがいい。

続きを読む

#596『Sabu Toyozumi​,​Rick Countryman​,​Simon Tan​,​Yong Yandsen​ / Voices of the spirit』
『豊住芳三郎,リック・カントリーマン,サイモン・タン,ヨン・ヤンセン/ヴォイセス・オブ・スピリット』

閲覧回数 3,147 回

とくに音像にエッジの鋭さが強調され聴き応えがある

続きを読む

Interview #207(緊急) 田村夏樹+藤井郷子 Facebook Liveを語る

閲覧回数 3,558 回

フリーランスのミュージシャンという職業があるということを知らない役所の方がいっぱいいるらしいです。フリーランスとフリーターの区別がつかないらしくて、まずは就職活動してくださいと。

続きを読む

Interview #208(緊急)齊藤易子+大島祐子
メルス・フェスティバル 2020に出演して

閲覧回数 3,582 回

この状況で4月半ばにはフェスを決行する決断をし、そしてそれを実現したディレクター、フェスチームに脱帽です。なかなかできることではないし、ミュージシャンとして彼らから勇気をもらえました。

続きを読む

#18 続コロナ禍の中で 〜 プランBとしてのストリーミング

閲覧回数 4,630 回

渡辺白泉のよく知られた句に「戦争が廊下の奥に立ってゐた」というのがある。それを今に例えるならば廊下の奥に立っていたのはコロナだが、その向こうのポストコロナはまだ見えない。その全ては現在の試行錯誤なくしてあり得ないだろう。それも生き延びてこそ、なのである。

続きを読む

カメラマン 米田泰久氏が語る素顔のリー・コニッツ

閲覧回数 4,272 回

違反なのでポリスが来て調書を取られた。名前を聞かれたコニッツは「フィル・ウッズだ」と答えるんですよ。真面目な顔して。

続きを読む

無知への挑発、無垢への挑戦 by 内橋和久

閲覧回数 4,144 回

いつまでも未知なるものへの探究心を忘れないリー・コニッツのスタンスにいつでも励まされています。

続きを読む

リー・コニッツさんの思い出 by 芳垣安洋

閲覧回数 4,224 回

彼のあまりに多い作品数、幅広い世界観、どれもに共通した素晴らしい音色、に敬服しました。やはり巨人でしたね。

続きを読む

今も触れることのできない領域にあるジャズ by 近藤秀秋

閲覧回数 3,977 回

時代が経つにつれ一般からその名が忘れられるにせよ、その道を追及する人が常に思い起こす事になる智慧と技術の最良の手本として、コニッツはその名を残したのだと思います

続きを読む

リー・コニッツの歌はいつも空から聞こえてきた by 太田 剣

閲覧回数 4,315 回

少し暗い街角の石畳に空から光と天使の歌が降りそそぐ。そこにリー・コニッツが居る。いま彼はどこに居るのだろう?

続きを読む

Grateful-lee 〜真のインプロバイザーを悼んで〜 by 中山拓海

閲覧回数 4,462 回

正確なピッチを求め、クラシカルな要素を孕みつつサブトーンを織り混ぜたそのトーンは、正にサックスの美しさの結晶と言えるだろう。

続きを読む

Passings: LEE KONITZ by Dave Liebman
追悼 リー・コニッツ by デイヴ・リーブマン

閲覧回数 4,086 回

リーは一身に尊敬の念を集めていたが一般的な人気はというとそれほどでもなかった。それも宜なるかな。しかし、それは音楽性とは関係のない話である。

続きを読む

RIP. Lee Konitz. by Jean-Jacques Pussiau
追悼 リー・コニッツ by ジャン=ジャック・プショウ

閲覧回数 3,986 回

『リー・コニッツ&ダン・テファー/ディケイド』(Verve 2018)

続きを読む

RIP Lee Konitz François Carrier
追悼 リー・コニッツ「最大の可能性」フランソワ・キャリリール

閲覧回数 4,181 回

2019年12月、初来日。埼玉・越生「山猫軒」での演奏(纐纈雅代as、不破大輔b、井谷享志ds)が2020年、リトアニア NoBusiness Recordsから『Japan Suite』としてリリース予定。

続きを読む

In memory of Ryo Kawasaki by 伊藤 潔

閲覧回数 3,796 回

Ryoは、自分のサウンドとフレージングを持った優れたギタリストだったが、作曲の才能も兼ね備えており、いつも新作に向けて素晴らしいマテリアルを用意していた。

続きを読む

Ryoさんの35年分の思い出 by 上原基章

閲覧回数 3,903 回

あのギル・エヴァンスがジミ・ヘンドリンクス死後に『プレイズ・ジミ・ヘンドリックス』のギタリストにRyoさんを抜擢した。

続きを読む

ヒロ・ホンシュクの楽曲解説 #54 R.I.P. Lee Konitz <Lover Man>

閲覧回数 8,905 回

2年前に90歳でまだ元気にヨーロッパツアーをしていたリー・コニッツがCovid-19に倒れた。歴史にしっかりと足跡を刻み込んだコニッツ、その人気の謎を探る。楽曲解説部分ではブラッド・メルドーと触発しあってエキサイティングなインプロラインを生むその様子を掘り下げてみた。

続きを読む

#33『ニュールック』のエラ・フィッツジェラルドとマリリン・モンロー

閲覧回数 4,049 回

1950年代に流行した『ニュールック』のエラ・フィッツジェラルドとマリリン・モンローの関係について。

続きを読む

小野健彦のLive after Live #073~#081

閲覧回数 3,986 回

何のお構いもできませんが、ひとつ私と一緒に「ライブ・ハウス」の座席に腰かけたおつもりで、我が国が誇る表現者達の演奏に耳を傾けて頂いた気分に少しでもなって頂ければ幸いである。

続きを読む

ウィルス禍の向こうに見る世界〜社会構造の変動と音楽〜

閲覧回数 4,031 回

私は、焼け野原となった地に芽吹くものを聴くだろう。それがどんな音楽なのか。育ててみないと、花が咲かないとわからない。

続きを読む

R.I.P. Giuseppi Logan
追悼 ジュゼッピ・ローガン

閲覧回数 4,316 回

ジュゼッピ・ローガンとヘンリー・グライムスは、ニューヨーク市での Covid-19 感染拡大による犠牲者となり、生まれた年も同じ1935年であるという以外に、その経歴に多くの共通点がある

続きを読む

アマルコルド・ハル・ウィルナー

閲覧回数 4,179 回

コロナウィルスの犠牲者のなかにハル・ウィルナーの名を発見して愕然とした。プロデューサーとして紹介されるが、その名から想像される業務とは別格のアーティストとして敬意を払ってきたからだ。

続きを読む

Hear, there & everywhere #13「Lee Konitz / At Storyville」

閲覧回数 4,877 回

この時点でコニッツの異彩を見抜き、3枚のアルバムを制作したジョージ・ウィーンの慧眼はさすがというべきだろう。

続きを読む

#1983 『Ross Hammond, Oliver Lake, Mike Pride / Our Place On The Wheel』

閲覧回数 4,707 回

三人のミュージシャンが、密閉されたスタジオで、体を寄せ合い密集して、濃厚かつ密接な音の交感により生み出した生々しいブルース魂が宿った音楽ドキュメンタリーである。

続きを読む

#1981『Angelo Verploegen & Jasper van Hulten – The Duke Book』
『アンジェロ・フェルフーヘン&ヤスパー・ファン・フルテン/ザ・デューク・ブック』

閲覧回数 3,968 回

ここには本家の極上のスイング感は全くない。その代わりにヨーロッパジャズが持つ独自の静謐さの中に育まれる極上のノリがある。

続きを読む

#1979『近藤等則/Tokyo Meeting 1984』

閲覧回数 5,230 回

音量と音質がイーヴン。生楽器の身体性が成功裡に飛躍する。

続きを読む

#1978 『Rent Romus, Heikki Koskinen, Life’s Blood Ensemble / Manala』

閲覧回数 5,146 回

『Manala』が奏でる豊穣の音楽は、ロムスとコスキネンの個人的なルーツであるだけでなく、遍く人類すべてが生まれてきた原初的記憶をたどる旅路を示している。それこそが音楽の冥界巡りの醍醐味と言えるであろう。

続きを読む

#1977 『The MacroQuarktet / The Complete Night: Live at the Stone NYC』

閲覧回数 4,215 回

ハーブ・ロバートソン、デイヴ・バルーというふたりの対照的なトランぺッターは、トム・レイニーの叩き落とすがごときドラミングによるリズム、ドリュー・グレスのベースが創るプラトーの上で遊泳する。

続きを読む

#1976 『狩俣道夫/No Umbrella, No Tonguing, If Not For the Room -Unaccompanied Flute Solo-』

閲覧回数 4,529 回

抒情的な言葉を後付けで述べるのは簡単だが、それを拒む。柔和だがなかなか強靭な自律性。

続きを読む

#1975 『佐藤竹善/Rockin’ It Jazz Orchestra Live in Osaka 〜Cornerstones 7〜』

閲覧回数 4,715 回

エリック・ミヤシロ編曲によるビッグバンドを従えた、2019年12月大阪でのコンサートを収録。

続きを読む

#1974 『須川崇志 Banksia Trio/Time Remembered (with 林 正樹、石若 駿)』

閲覧回数 4,169 回

青山ボディ&ソウルで活動して来たスーパートリオ。新曲の魅力、音色の繊細さと多彩さ、それを浮かび上がらせる録音が素晴らしい。

続きを読む

#1128 JAZZ AUDITORIA ONLINE 〜ジャズ・デイ記念フェスティヴァル

閲覧回数 6,325 回

4月30日の国際ジャズデイを祝って89組のアーティストによるオンライン・ジャズ・フェスティバルを開催。アーティストと観客を結びつけ大成功となった。

続きを読む

#1127 ラ・フォル・ジュルネ 2020 ― ベートーヴェン〜ナントのレポートと東京の今後

閲覧回数 4,834 回

フランス・ナントのLFJは成功裡に閉幕したが、東京は中止となった。関連動画とともにレポートするので少しでもお楽しみいただきたい。

続きを読む

#595『Angelo Verploegen & Jasper van Hulten – The Duke Book』
『アンジェロ・フェルフーヘン&ヤスパー・ファン・フルテン/ザ・デューク・ブック』

閲覧回数 4,075 回

しかも楽器の音色、深み、残響、明瞭さ。アコースティック録音の見本と評価したい。

続きを読む

#591『François Carrier, Michel Lambert, Tomek Gadecki, Marcin Bozek/WIDE』
『フランソワ・キャリリール, ミシェル・ランベール,トメク・ガデッキ,マルシン・ボゼック/ワイド』

閲覧回数 3,915 回

ミックスの技術でサックスが左右空間に広げられたり、センターに定位で鋭い印象を受けたり。

続きを読む

追悼 リー・コニッツ 〜 クールジャズからECMまで活躍したサックスプレイヤー

閲覧回数 7,974 回

クールジャズ期から現代まで活躍したアルトサックス奏者で、ECMでの2枚も含め2019年まで精力的に活動したリー・コニッツが新型コロナウイルスのため92歳で亡くなった。

続きを読む

悠々自適 #93「ジャズ・ミュージシャンの死と新型コロナウイルス」

閲覧回数 5,722 回

エリス・マルサリス、ウォレス・ルーニーのコロナ禍による死亡が伝えられた。この分ではあと何人の犠牲者がジャズ界から現れるかもしれず、この事態を深く憂慮せざるをえない。

続きを読む

Reflection of Music Vol. 73 コロナ禍の中で

閲覧回数 3,258 回

幸い音楽ファンには、ライヴに行くことは出来なくても自宅でCDなどを聴く楽しみはある。もし余裕があるならば、CD(ダウンロード)を購入すれば幾ばくかミュージシャンあるいは音楽関係者の助けになるということを付け加えておこう。

続きを読む

追悼 マッコイ・タイナー by 下田哲也

閲覧回数 2,392 回

彼は、アコースティック・ピアノひとすじで、“男の生き様”を貫いた。そして、ジャズ・ピアノの可能性の頁を大きく前進させてくれたと私は思う。

続きを読む

思い出のジョージ大塚

閲覧回数 2,981 回

ジョージ大塚の内外にわたる多彩な活動を思い出の写真とともにたどる

続きを読む