#548 『藤井郷子オーケストラ ニューヨーク/ エンティティ』
『Satoko Fujii Orchestra New York / Entity』

閲覧回数 1,942 回

要所での緻密なミックス作業がうかがえる

Read more

#541『Marco Ambrosini –Ensemble Supersonus / Resonances』
『マルコ・アンブロシーニ=アンサンブル・スーパーソナス/レゾナンシーズ』

閲覧回数 3,295 回

音量が十分でない古典楽器を、演奏ノイズを排除して倍音の豊かさを、透明感の中で表現できている秀逸な録音。

Read more

#535『Paul Bley Trio / When Will The Blues Leave』
『ポール・ブレイ・トリオ/ホェン・ウィル・ザ・ブルース・リーヴ』

閲覧回数 4,159 回

低音部から高音部まで、エッジの効いた透明な音は、まさにマイキングの効果だ。

Read more

#533 『松居慶子/ Echo』

閲覧回数 4,057 回

出音が良ければ録音技術は、少しの手助けと言われるが、まさに、それだ。

Read more

#531『Days of Delight Quintet / 1969』
『デイズ・オブ・ディライト・クインテット/1969』

閲覧回数 4,040 回

アナログ録音全盛期を思い起こさせるサウンドなのだ。アナログテープ録音が持っている絶妙なリミッターを思い出させるサウンド

Read more

#523 『David Torn|Tim Berne | Ches Smith / Sun of Goldfinger』
『デイヴィッド・トーン|ティム・バーン|チェス・スミス/サン・オブ・ゴールドフィンガー』

閲覧回数 5,894 回

ベース低音の迫力は恐怖感さえ感じる飽和の勢い。

Read more

#516 『Sabu Toyozumi, Rick Countryman, Tusa Montes ‎– Blue Incarnation』
『豊住芳三郎、リック・カントリーマン、トゥサ・モンテス/ブルー・インカーネーション』

閲覧回数 6,734 回

パーカッションが近接音で効果の浮き上がりが凄い。

Read more

#515 『Fred Frith Live at The Stone / All Is Always Now』
『フレッド・フリス 〜ライヴ・アット・ザ・ストーン / オール・イズ・オールウェイズ・ナウ』 

閲覧回数 7,250 回

ギターのエフェクトされた歪みも高音質録音でなくては成立しない。見事な録音だ。

Read more

#504 『アリスター・スペンス:藤井聡子オーケストラ神戸/Imagine Meeting You Here』
『Alister Spence:Satoko Fujii Orchestra Kobe / Imagine Meeting You Here』「

閲覧回数 8,396 回

混濁となりかねない部分を、見事なサウンド処理で解決の録音技法には喝采だ。

Read more

#481『ザ・リアル・グループ・シングス・ウィズ・キックス&スティックス・ビッグバンド』

閲覧回数 8,456 回

バックのビックバンドのサウンドもさることながら、コーラスの扱いに気合のこもった快適サウンドが展開する。

Read more

#480『Ingrid Laubrock / Contemporary Chaos Practices – Two Works For Orchestra With Soloists』
『イングリッド・ラウブロック/コンテンポラリー・ケイオス・プラクティシズ』

閲覧回数 9,110 回

緻密な譜読みとバランス感覚は録音技法から見て最高難度。

Read more

#468 『Sabu Toyozumi|Rick Countryman|Simon Tan / Preludes and Prepositions』
『豊住芳三郎|リック・カントリーマン|サイモン・タン』

閲覧回数 11,756 回

マルチマイク手法のサウンドに慣れた耳には新鮮。楽器の質感が深い。

Read more