追悼 沖至 musician/producer 巻上公一

閲覧回数 2,929 回

そうまさに、その造形は奇想であり、くねくねとした自由な即興の蠢きのようでもある沖至のトランペットはシュールレアリスムそのものなのである。そのフォルムは思考を映しているのだと思う

続きを読む

「社長!元気?」~アルバム『紙ふうせん』のこと。 chapchap records 末冨健夫

閲覧回数 2,991 回

沖さんは、トランペット1本で幅広く多彩な表情を出せる人。シリアスなフリーから、スタンダード・ナンバーまで、他の誰でもない強い個性で演奏をされた。

続きを読む

追悼 沖至「あのマイク、グーだな」 recording engineer 及川公生

閲覧回数 2,813 回

沖さん何事もなく、この2本のマイクの音像を造って演奏された。私、何も口出さなかったけど。
打ち上げで、「あのマイク、グーだな」と。

続きを読む

JAZZ meets 杉田誠一 #111 追悼 沖至

閲覧回数 3,322 回

自分の誕生日は忘れても、クリフォード・ブラウンの命日は、いつもローソクをあげてやるんですよ。それだけのものをあの音には感じます。

続きを読む

忘れがたき沖至さんの想い出  session house 伊藤 孝

閲覧回数 2,979 回

「沖さん、ほんとにほんとに長いことありがとう!また天国から蝶のようにひらひらと私たちのところに飛んできてください。」

続きを読む

「海を渡ったSAMURAI ・沖 至」 producer カポネ副島

閲覧回数 3,045 回

「ステージでヌシコク(〝死ぬ″の隠語)の夢ですよ。木口小平は死んでもラッパを離しませんでしたってネ」。

続きを読む

#24 追悼 沖 至 producer 稲岡邦彌

閲覧回数 3,932 回

沖さんは時と場所、相手にかかわらずいつでもどこでも沖至でいられる稀有な音楽家だった。おそらく体幹にしっかりとメインストリームを蓄えているからだろう。スピリットはつねにフリーであったとしても。

続きを読む

#1142 沖至オマージュ・コンサート

閲覧回数 3,307 回

沖至の古くからの友人でもあり、現在のパリの即興シーンの重要なオーガナイザーの役割を果たすアトリエ・タンポン、マーク・フェヴルの主催により行われた。

続きを読む

Reflection of Music Vol. 76 沖至

閲覧回数 6,441 回

最後の数年間は、毎年のようにJAZZ ARTせんがわに出演していたので、フェスティヴァルや場所と結びついて沖至が思い出される。いつもどこかで会う度に、沖至はパリの空気を纏っているような気がした。

続きを読む

8/25 トランペッター沖至、パリに死す

閲覧回数 7,270 回

日本のフリージャズのパイオニアでパリ在住の沖至が入院先の病院で8月25日に亡くなった。享年78。

続きを読む