RIP Muhal Richard Abrams by Jack DeJohnette

閲覧回数 16,889 回

1964年に彼とロスコー・ミッチェルがシカゴのAACMを設立する前夜、僕は彼のエクスペリメンタル・バンドで演奏していた。

続きを読む

ムーハル・リチャード・エイブラムスとの在りし日をしのぶ

閲覧回数 23,485 回

とりわけ強く印象に残っているのがフェスティヴァルの開幕日と、最終日(日曜日の11日)の取りを飾ったAACMビッグバンドの演奏で、そのリーダーが彼だった。

続きを読む

ムーハル・リチャード・エイブラムスの訃報に接し

閲覧回数 20,956 回

エイブラムスのピアノは決して硬質ではなく、無機的でもない。全く其の逆で、どんなに激しい演奏においても、共演者のサウンドを生かす事ができる。

続きを読む

Great Music Forever! ムーハルが遺してくれたもの

閲覧回数 18,299 回

ムーハル、素晴らしい音楽をありがとう。そしてオリジナルであること、自分自身が 原型であり、心で他の人と関わった時に生まれるハーモニーの大切さを、あなたは教え てくれた。

続きを読む

#1463『Muhal Richard Abrams featuring Malachi Favors / Sightsong』

閲覧回数 27,763 回

エイブラムスが残したデュオ作品のなかでもひときわ独特な魅力を持った作品。

続きを読む

#33 シカゴAACM 10周年記念フェスティバル 1975

閲覧回数 50,120 回

僕のジャズ・キャリアの中でAACMとECMに出会えたことはとても幸運だった。AACMのCMは Creative MusiciansだがECMのCMはContemporary Musicだ。Creative MusiciansとContemporary Music、これ以上、何を望めばいいのだろう …)。

続きを読む