音の見える風景 Chapter 1 「ワダダ・レオ・スミス」

閲覧回数 720 回

text & photo : Yumi Mochizuki 望月由美
撮影:1993年4月 東京・品川

レオ・スミスのニュー・アルバム、ジャック・ディジョネットとのデュオ作品『America』(tzadik 7628, May 2009) がロサンゼルスタイムスやボストングローブ紙の “Top 10 CD’s of 2009” に選出された。また、AllAboutJazz.comの 2009年度ミュージシャン・オブ・ザ・イヤーにも選出された。レオの元気な活躍の便りが伝わってくるのは私にとっても大変嬉しい。

レオは1982年から1993年までしばしば (私の知る限り6回) 日本を訪れ、トランペットで、その甘い歌声で、そして様々なパーカッションを駆使して即興という至福の音空間を与えてくれた。レオの一瞬の間に緊張と解放の両極を往き来するパフォーマンスに惹きこまれるようにシャッターを押した感触は今でも指に残っている。

1993年の4月、品川でレオと会って話をした。レオのECMのCD『KULTURE JAZZ』(ECM1507)に私の撮った写真を使いたいとのレオの要望でお互いに気に入ったショットを確認するためであった。インナースリーブでは結局5点の写真が使われたがレオの最も気に入った写真は愛娘の編んだ帽子をかぶったポートレイトであった。その場に居合わせた人のだれをも包み込むような優しい澄んだ眼をもっているレオの横顔である。ECMの作品でレオはトランペット、フリューゲルホーン、箏、ムビラ、尺八、パーカッション、そしてボーカルをたった一人で操り、ソロと呼ぶにはあまりにも宇宙的な壮大な空間を描いている。なぜソロ・アルバムを創りたいと思ったのかそのとき聞いた。“ピアノ・ソロとちがって自分の操る楽器からいっぱい景色がみえるし、それを作品に残そうと思ったんだ ”。そして、ライヴでもそうだがトランペット以外に色々な国の楽器を使うことについても聞いた。“いろいろな種類の楽器を25年くらい前から勉強していてね、箏も14年前から演奏していたよ。どれも自分の表現手段として使っているんだ、だから楽器としての個性をそのまま表面に出すのではなくて、どんな楽器でも自分の言葉として音にしているんだ” とレオは語る。レオ独特の広がりのあるサウンドはこうした発想から創られるのである。
レオは1941年12月18日ミシシッピの生まれ、68歳、パールハーバーの10日後にミシシッピで生まれたという。“ミシシッピではみんながブルースに親しんで生きていたんだ” 。周囲は黒人ばかりで白人がほとんどいないブラック・コミュニティーで育ったからコンプレックスをもたないで、自分はどういう人間なのか、誰なのかということを小さな時から自ら感じることができたのだという。義理の父親がミュージシャンだったのでいつも色々なミュージシャンが家に来て行うセッションを聴いて育ったという、8歳位の頃の話である。レオ自身も13歳からトランペットを吹き、19歳までナイトクラブなどでプロとしてブルース等を演奏していた。レオのファーアウトな即興に強い衝撃を受ける反面大きなやすらぎを感じるのはその根底にブルースが息づいているからなのだろう。レオはジャマイカへ旅した時にラスタファリズムに共鳴しWADADAを名乗るようになった、そして現在はモスレムをあらわすイシュマエルをつけている。

品川で会ったときレオの隣には詩人で書道家の美しい日本人女性がいた。レオはやがてこの女性と結婚し、夫人が朗読する詩との共同作品『Condor, Autumn Wind』(WOB-001) を残しているが、10年ほどで二人は別れてしまった。その後の私生活については知る由もないが近年の諸作品をみても創作意欲は以前にも増して旺盛である。
知的で優しいイシュマエル・ワダダ・レオ・スミス。13歳の時トランペットを手にしてから55年、一貫して「CREATIVE MUSIC」を提唱してきたレオは聴くものの心を打つ表現者としていま、ミシシッピ・デルタの日の出のように、燦然と輝いている。

初出:JazzTokyo #133 (2010年3月19日)

望月由美

望月由美

望月由美 Yumi Mochizuki FM番組の企画・構成・DJと並行し1988年までスイングジャーナル誌、ジャズ・ワールド誌などにレギュラー執筆。 フォトグラファー、音楽プロデューサー。自己のレーベル「Yumi's Alley」主宰。『渋谷 毅/エッセンシャル・エリントン』でSJ誌のジャズ・ディスク大賞<日本ジャズ賞>受賞。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↓ ロボットでないかお知らせください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。