RIP 追悼ジェネシス・P-オーリッジ

閲覧回数 21,227 回

text by Yoshiaki ONNYK Kinno  金野 ONNYK 良晃

僕が自分で演奏を開始してみようと思ったとき、二つの要素が内部で相克していた。
ひとつは、手当たり次第に楽器、非楽器構わず鳴らし、それを構築していく即興演奏の姿勢。またひとつはようやく入手も容易になってきた電子楽器、シンセサイザー、MTR機器によるアンプやノイズによる音響構成だ。
そして相反はまだあった。反復的と非反復的、また構築的と破壊的、さらに技術的と反技術的、といった要素群だった。
僕はまともに楽器を演奏できなかったが、おかしな使い方をするにかけては自負があった。それを列挙してもしょうがないけれど、現代音楽はそれを押し進めてくれた。
僕が前に進もうと決めたのもまた二つの要素だ。デレク・ベイリーとスロッビング・グリッスル(TG)。そしてTGとはジェネシス・P-オーリッジに他ならないとさえ言える。
ベイリーが押し進めた非イディオマティック即興は、今思えばやはりテクニックの集積ではあるけれど、当時はその音響から、そんな分析をできず、ひたすらに手元のフォークギターをひっかき、こすり、はじいたのだ。しかし、それだけでは満足できなかった。そこにTGが聞こえて来た。
『The Second Annual Report』(1977)。そのケイオティックな音のマッス、そこに飛び交う電子音の精子またはスピロヘータ。うめくような、かつ口説くような声、悲鳴、ラジオからなのか、様々なポップミュージックやニュース。それらが電子的なビートに乗って僕の中枢を蝕んでくるのに抗えなかった。
どこまでもエロティックで猥雑なサウンドだ!YMOやKRAFTWERKなどのテクノポップには飽きていたし、パンクはプログレの反動、ロックンロールの復権にしか聞こえていなかった。TGを聴いたとき、遂に来るべき物が来たと感じた。
そして一方で即興演奏をやりながら、そこでは絶対に用いられない要素を用いて、徹底的に世界に反抗する音響を、誰もが耳を塞ぐような「音が苦」を作ってやろうと思ったのだ。
でも、そこから先は堕ちて行くばかりだった。最初のオルガスムスが去った後、それを取り戻そうとしても常に違和感があった。いやその後だって幾つもの衝撃は訪れた。が、今それから40年以上経過して分かるのは、ジェネシス・P-オーリッジだってそうだったということ。
つまり彼もロックミュージックという商業世界に「死を生産する工場として」、75年に自らのレーベル INDUSTRIAL RECORDS を立ち上げ、TGはたった6年だけ活動して解散した。彼等の名前が男性器に由来するなら、まさにそこでコトは済んでしまったのだ。「使命は終わった」というメッセージが残された。
でも落胆はしなかった。後は僕に託されたのだと感じた。いや世界中の多くのファンがそう思っただろう。
その後23年してTGは再結成したが「再結成に良いもの無し」の通り、時代は彼等を追い抜いたし、彼等もまた洗練されてしまった感は拭えなかった。
それだけならまだしもジェネシス・P-オーリッジは、性転換してしまったのだ。それを非難するつもりは無い。僕だって時々オンナだったらなと思う事がある。しかしやってしまうジェネシスはスゴイ。彼は言っていた。「汝の欲する所を為せ」と。じつはこの言葉、稀代の魔術師アレイスター・クロウリーのモットーだった。そしてこれを為したもう一人の男。それはチャールズ・マンソンだったのである。ジェネシスはいつも二人を引き合いに出した。
僕は相変わらず楽器をひけない。しかしそのサウンドはジェネシスに学んだ。
とても愛せないような見かけになっちまった彼女。でもやっぱり愛していたんだな。グッバイ。

金野 "onnyk" 吉晃

Yoshiaki "onnyk" Kinno 1957年、盛岡生まれ、現在も同地に居住。即興演奏家、自主レーベルAllelopathy 主宰。盛岡でのライブ録音をCD化して発表。 1976年頃から、演奏を開始。第五列の名称で国内外に散在するアマチュア演奏家たちと郵便を通じてネットワークを形成する。 1982年、エヴァン・パーカーとの共演を皮切りに国内外の多数の演奏家と、盛岡でライブ企画を続ける。Allelopathyの他、Bishop records(東京)、Public Eyesore (USA) 等、英国、欧州の自主レーベルからもアルバム(vinyl, CD, CDR, cassetteで)をリリース。 共演者に、エヴァン・パーカー、バリー・ガイ、竹田賢一、ジョン・ゾーン、フレッド・フリス、豊住芳三郎他。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。