RIP Ennio Morricone from Gruppo di Improvvisazione Nuova Consonanza, 1976

閲覧回数 479 回

photos: Roberto Masotti / Lelli e Masotti Archivio

ミラノ在住のフォトグラファー、ロベルト・マゾッティ氏にモリコーネの写真を尋ねたら、とびきりレアな写真が9点送られてきた。モリコーネがコンポーザー/トランペッターとして参加していたグループ「Gruppo di Improvvisazione Nuova Consonanza」 ‎(GINC:グルッポ・ディ・インプロヴィザチオーネ・ヌオヴァ・コンソナンツァ= 新しい和音を演奏する即興演奏グループ)のアルバム『Musica Su Schemi』(ムジカ・ス・スケーミ)の録音風景である。1976年、スタジオはローマの Orthophonic Recording Studio, Roma。グループは6人編成で、モリコーネはトランペット、フルートの他に写真で見られるようにトランペットにオーボエのダブルリードを差して吹くなどしている。トランペッターの息子として生まれたモリコーネは小さい頃からトランペットに馴染み、長じて天命のようにトランペット演奏と作編曲を生業とするに至った。GINCは即興演奏グループを名乗っているが、アルバム・タイトル Musica Su Schemi=Music on Schemes (計画に基づく音楽)が示すように、事前に打ち合わせをしたスケッチに基づいて即興演奏が行われた。

(L to R) Giovanni Piazza, Antonello Neri, Franco Evangelisti, Ennio Morricone, Egisto Macchi, Giancarlo Schiaffini

  French Horn, Flute, Violin – Giovanni Piazza
  Percussion, Strings – Egisto Macchi
  Piano, Instruments [Various] – Antonello Neri
  Piano, Percussion [Various] – Franco Evangelisti
  Trombone, Flute – Giancarlo Schiaffini
  Trumpet, Flute, Instruments [Various] – Ennio Morricone

トラックはLPのAB面各2曲ずつ;

A1 Schema 1 (8:55)
A2 Schema 2 (11:14)
B1 Schema 3 (2:30)
B2 Omaggio A Giacinto Scelsi (16:40)

アルバムは、nova musicha シリーズの n.9として、1976年に Cramps Musicからリリース。Discogs のデータによれば、国内盤はCDが2007年に Strange Days Recordsからリリースされているようだ。なお、GINCについては別掲の金野吉晃氏によるテキスト「モリコーネの演奏した楽器は…。〜巨匠への追悼、そして最初で最後の私的モリコーネ評〜」に詳しい。

  • トランペットにオーボエのダブルリードを差して演奏するモリ コーネ
    (Lto R) E.Morricone, Franco Evangelisti, Egisto Macchi
    (L to R) A. Neri, G. Schiaffini, G. Piazza, Alessandro Sbordoni,E. Macchi, E. Morricone

♬ 関連記事(金野吉晃)
https://jazztokyo.org/issue-number/no-268/post-54550/ ‎

RobertoMasotti

RobertoMasotti

1947年、イタリア・ラヴェンナ生まれ。1972年からミラノを拠点に活動。1973年からECMのセッションを撮影、数十作のカヴァー写真、数百作のライナー写真を提供。1976年から2008年までECMのイタリア・レップとしてプレスを担当。1979年から19年間、妻のシルヴィア・レリと「Lelli e Masotti」の名で、ミラノ・スカラ座のオフィシャル・フォトグラファーを兼務。その間、スカラ座と3度の来日、2度の写真展を実現。最近は、アーティストの等身大の全身像を使ったインスタレーション「Life Size Acts」、コンピュータに取り込んだ映像とミュージシャンとの共演「improWYSIWYG」を展開中。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。