菅原光博 ジャズを撮る! #12「キース・ジャレット・ソロ」

閲覧回数 3,128 回

photo by Mitsuhiro Sugawara 菅原光博

キース・ジャレットが2度目の脳梗塞で倒れたニュースを知ったのは約一年位前のことだった!現在も左半身不随の状態ながらで、今なお右手のみでピアノを弾いていることも聞いて知った。
そのキース・ジャレットを初めて撮影したのは、1974年1月4日のカルテットでの初来日公演だった。身体を左右に大きくうねらしながら立ち上が理ながらでのダイナミックな演奏は、衝撃的な驚きだった!レコードで聴いていたあの美しくも繊細な演奏が、何とあの様なダイナミックな動きの中から絞り出されるようにして演奏されていたとは、まさに百聞は一見にしかず、そのものの経験だった!
1974年7月にスイングジャーナル誌の取材でキース・ジャレットの自宅訪問でのインタビューと撮影ができたのは、いま思い出しても何とも幸運な事だった!
数多い来日公演の中では、1976年11月5 日NHKホールでのクラシック以外での初ソロ・コンサートと1978年12月12日武道館始まって以来の初ソロ・コンサートが私の中では特に印象に残っている 。

上掲4点は 1976年11月10日 NHKホールにて(『サンベア・コンサート』収録)

© 1974 Mitsuhiro Sugawara

1974年 1月、新宿厚生年金会館大ホールにて(キース・ジャレット・カルテット)

© 1978 Mitsuhiro Sugawara

1978年12月12日 武道館でのソロ・コンサートより

菅原光博

1949年、北海道上川郡愛別町生まれ。ワークショツプ写真学校細江英公教室OB。1973年1月よりジャズを中心に、レゲエ、ブルース、ソウル系コンサートを内外で取材開始、雑誌、ジャケット、ポスター等をメデイアとする。著作に、『田川律+菅原光博/ジャマイカの風と光』(1984 音楽の友社刊)、『菅原光博+藤田正/ボブ・マーリー よみがえるレゲエ・レジェンド』(2014 Pヴァイン)。 https://mitsuhiro-sugawara.wixsite.com/photographer

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。