ジャズを撮る!! 菅原光博 #17「NYクラブ・シーン #1~Village Vanguard」

閲覧回数 1,296 回

photos by Mitsuhiro Sugawara 菅原光博

ジャズの街、 ニューヨークのジャズクラブと言えば、やはり一番有名なビレッジ・バンガード!
60年代にはジョン・コルトレーンやビル・エバンスの名盤が録音された場所で、ジャズファンにも良く知られている名門ジャズクラブだ。
月曜の定番サド=メル・オーケストラやファラオ・サンダースや、70年代中期の人気若手ジャズ・ミュージシャンらも数多く出演していて、その時のジャズをオンタイムで目の前で聴けた貴重な場所でもあった。
いつも笑顔で撮影取材を快く受け入れてくれた、オーナーのマックス・ゴードン氏も健在だった!
いま思い出しても、貴重で有難いジャズ体験をした良い時代だった!

オープンを待つ客の列

 

Sonny Fortune, Cecil Bridgewater

 

Pharaoh Sanders ©Mitsuhiro Sugawara

♫ Village Vanguard
178 7th Ave S, New York, NY 10014, USA

菅原光博

1949年、北海道上川郡愛別町生まれ。ワークショツプ写真学校細江英公教室OB。1973年1月よりジャズを中心に、レゲエ、ブルース、ソウル系コンサートを内外で取材開始、雑誌、ジャケット、ポスター等をメデイアとする。著作に、『田川律+菅原光博/ジャマイカの風と光』(1984 音楽の友社刊)、『菅原光博+藤田正/ボブ・マーリー よみがえるレゲエ・レジェンド』(2014 Pヴァイン)。 https://mitsuhiro-sugawara.wixsite.com/photographer

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。