菅原光博の「ジャズを撮る!!」#18「NYクラブシーン Vol.2」

閲覧回数 4,015 回

 

グリニッジ・ビレッジのジャズクラブ、ビレッジ・バンガードと並んで有名だったのが、今は無き懐かしいビレッジ・ゲートだった!
60年代にスタン・ゲッツのボサノバのライブ盤等も有りましたね!
1980年7月、ラリー・コリエルのバンドを中心に多彩なゲストが登場したライブ!に行った。

ラリー・コリエル・グループにゲストで日野皓正が登場!

菅原光博

1949年、北海道上川郡愛別町生まれ。ワークショツプ写真学校細江英公教室OB。1973年1月よりジャズを中心に、レゲエ、ブルース、ソウル系コンサートを内外で取材開始、雑誌、ジャケット、ポスター等をメデイアとする。著作に、『田川律+菅原光博/ジャマイカの風と光』(1984 音楽の友社刊)、『菅原光博+藤田正/ボブ・マーリー よみがえるレゲエ・レジェンド』(2014 Pヴァイン)。 https://mitsuhiro-sugawara.wixsite.com/photographer

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。