JazzTokyo

Jazz and Far Beyond

閲覧回数 16,223 回

ジャズを撮る!菅原光博No. 299

菅原光博 ジャズを撮る「追悼 ウェイン・ショーター」

photo & text by Mitsuhiro Sugawara 菅原光博

突然、ウェイン・ショーターの訃報が飛び込んできた。驚いた。不死身の男と思い込んだいただけに。ここのところ自分も体調を崩して会うチャンスがなかったキースのパートナーの顕子ジャレットさんと会った稲岡編集長から初めて聞くエピソードを伝えられたばかりだった。顕子さんによればキース・ジャレットがチャールス・ロイドのカルテットに在籍していた頃、ウェインからキースに共演の申し入れがあった。チャールスにひと言「ノー!」と言われ、共演が実現しなかったと言う。キースは興味があったらしいが、キースは半身不随となり、ウェインは旅立ち、この興味ある共演は永遠に夢に終わってしまった。
ウェインの訃報を聞き、一瞬、戸惑ったがすぐ思い直し、資料室に入って写真を取り出した。ウェインのファンと思い出を共有したかったからだ。
どれも日本で撮影したもので、ライヴ・アンダー・ザ・スカイ ’77に出演した V.S.O.P.@田園コロシアム、1981年のウェザー・リポート@普門館、最後の1点は1983年のウェザー・リポート@読売ランドである。
ウェインは、アート・ブレイキーのジャズ・メッセンジャーズとマイルス・デイヴィスのカルテット、続いて自分も結成に加わったウェザー・リポートでの活躍、近年は自分のバンドで何度もグラミーに輝いた。
プレイヤーに加えて作曲の才も際立っていた。〈Speak No Evil〉〈Black Nile〉〈Prince of Darkness〉、多くのジャズ・ミュージシャンに愛されてジャズ・スタンダードになった〈Pinocchio〉〈Footprints〉〈Nefertiti〉と次々に出てくる。
享年89。8月の誕生日で90歳を迎えるところだった。

 


 

 

 

 

菅原光博

1949年、北海道上川郡愛別町生まれ。ワークショツプ写真学校細江英公教室OB。1973年1月よりジャズを中心に、レゲエ、ブルース、ソウル系コンサートを内外で取材開始、雑誌、ジャケット、ポスター等をメデイアとする。著作に、『田川律+菅原光博/ジャマイカの風と光』(1984 音楽の友社刊)、『菅原光博+藤田正/ボブ・マーリー よみがえるレゲエ・レジェンド』(2014 Pヴァイン)。 https://mitsuhiro-sugawara.wixsite.com/photographer

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください