JazzTokyo

Jazz and Far Beyond

閲覧回数 11,708 回

ジャズを撮る!菅原光博No. 300

菅原光博 ジャズを撮る! #26「Days of ECM」

Photo and text by Mitsuhiro Sugawara 菅原光博

今月号は「ECM特集」ということでアーカイヴのなかからECMアーティストを選び出してみた。1979年に開催された「ECMスーパー・ギター・セッション’79」。ブラジルからパーカッションのナナ・ヴァスコンセロスを伴ったエグベルト・ジスモンチ、ニューヨークからジャジーなカルテットで参加のジョン・アバークロンビー、ミズーリから参加のパット・メセニー・グループはこの時が初来日。今、考えるとなんとも豪華な顔ぶれだが、ECMの多彩さがまだ浸透しきれていなかった1979年のコンサートはすべての客席が埋まってはいなかった。
チック・コリアは、ECM系のグループでの来日ではなかったが、ARC やソロ、リターン・トゥ・フォーエヴァーで初期ECMの顔のひとりでもあり、その後も何度か重要なアルバムを発表した。
2018年2度の発作にたおれ、現在リハビリに励むキース・ジャレットだが、ソロで何度か撮影の機会があった。やはり記憶に残っているのは1978年の武道館コンサートと2年前の1976年、後に『サンベア・コンサート』に収録されたNHKホールでのコンサート。どちらの会場も、ジャズ・ピアニストのソロとしては初の登場であった。

「ECMスーパー・ギター・セッション ’79」@東京・中野サンプラザホール

Egberto Gismonti ©1979 Mituhiro Sugawara
Chick Corea ©1980 Mituhiro Sugawara

 

Keith Jarrett©1981 Mituhiro Sugawara
Keith Jarrett ©Mituhiro Sugawara

菅原光博

1949年、北海道上川郡愛別町生まれ。ワークショツプ写真学校細江英公教室OB。1973年1月よりジャズを中心に、レゲエ、ブルース、ソウル系コンサートを内外で取材開始、雑誌、ジャケット、ポスター等をメデイアとする。著作に、『田川律+菅原光博/ジャマイカの風と光』(1984 音楽の友社刊)、『菅原光博+藤田正/ボブ・マーリー よみがえるレゲエ・レジェンド』(2014 Pヴァイン)。 https://mitsuhiro-sugawara.wixsite.com/photographer

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください