JazzTokyo

Jazz and Far Beyond

閲覧回数 10,640 回

特集『ECM: 私の1枚』

Marta Karsz-Ashida 『Marcin Wasilewski Trio w/ Joakim Milder / Spark of Life』
『マルチン・ヴァシレフスキ・トリオ with ヨアキム・ミルデル/スパーク・オブ・ライフ』

このアルバムは素晴らしい映画と同じです。初めて出会った時に驚くべき印象を与え、その後も更なる神秘を私たちに開示し、私たちに反省を促し、日常の騒がしさの中で一時停止するよう促します。

このアルバムを聴くと、私はマルチン・ヴァシレフスキ・トリオの初めての日本公演を企画する中で出会った人々を思い出します。彼の音楽が私たちを一緒にし、今でも続く友情を築いてくれました。

また、2018年7月にポーランドのジャズの巨匠トマシュ・スタンコの葬儀に参列した思い出でもあります。多くの素晴らしいミュージシャンたちがスタンコにコンサートを行い、最後の別れを告げました。夜には、伝説的なトランペット奏者への敬意を表してジャズクラブでトリビュートが行われ、音楽は遅い時間まで演奏されました。私はトマシュ・スタンコを日本に招待できなかったことを残念に思っていますが、トマシュ・スタンコの遺産はマルチン・ヴァシレフスキの音楽を通じて永遠に生き続け、将来のジャズ愛好家たちにインスピレーションを与えるでしょう。またトマシュ・スタンコ財団を彼の娘アンナさんが設立されて、スタンコの音楽を完成させ、保存するために素晴らしい仕事をしています。

来年、Marcin Wasilewski Trioは30周年を迎えます。
トリオが次の30年間、すべての音楽愛好家に喜びと興奮をもたらすことを願っています。


With this album, it’s like with a great movie: it makes a stunning impression at first encounter, then opens up further mysteries before us, forces us to reflect, and prompts us to pause for a moment in our everyday rush.

Listening to this album I recall memories of people that I had a chance to meet while organising MWT first tour in Japan.
His music brought us together and build friendships that are still there.

It’s also for me the memory of being at the funeral ceremony to say last good buy to great master of Polish jazz Tomasz Stańko in July 2018. The long procession of great musician was there to play last concert for legendary trumpet player. At the evening the tribute to Tomasz Stanko was organised at jazz club, and the music was played until late hours. I regret that I was not able to invite Tomasz Stanko to play in Japan, but Tomasz Stanko’s legacy would live on through Marcin Wasilewski music, inspiring future generations of jazz lovers. Tomasz Stanko Foundation is doing great job to complete and preserve the of Tomasz Stańko music.

Next year Marcin Wasilewski Trio will celebrate their 30st anniversary.
I wish Trio next 30 years of bringing joy and excitement to all music lovers.


ECM 2400

Marcin Wasilewski Trio
Marcin Wasilewski (Piano)
Slawomir Kurkiewicz (Double Bass)
Michal Miskiewicz (Drums)
Joakim Milder (Tenor Saxophone)

1 Austin (Marcin Wasilewski) 07:07
2 Sudovian Dance (Marcin Wasilewski) 06:28
3 Spark Of Life (Marcin Wasilewski) 06:33
4 Do rycerzy, do szlachty, do mieszczan (Katarzyna Nosowska, Marcin Zabrocki, Paweł Krawczyk) 04:37
5 Message In A Bottle (Gordon Sumner) 07:36
6 Sleep Safe And Warm (Krzysztof Komeda) 06:55
7 Three Reflections (Marcin Wasilewski) 08:33
8 Still (Joakim Milder) 06:44
9 Actual Proof (Herbie Hancock) 06:05
10 Largo (Grażyna Bacewicz) 08:05
11 Spark Of Life, Var. (Marcin Wasilewski) 05:01

Recorded March 2014 at Auditorio RSI – Radio Svizzera, Lugano
Engineer: Stefano Amerio
Produced by Manfred Eicher


Marta Karsz-Ashida マルタ・カルシ=アシダ
1979年ワルシャワ生まれ。1980~1986年東京在住。ワルシャワ大学日本学科より卒業後ポーランド文化・国家遺産省、アダム・ミツキェヴィチ・インスティチュートで音楽企画のプロジェクト・マネージャー。ワルシャワ交響楽団シンフォニア・ヴァルソヴィア/ツアー、事務所マネージャー。ワルシャワ経済大学カルチャーマネジメント卒。2009 – 2016 駐日ポーランド共和国大使館/ 文化担当二等書記官、2011年から一等書記官、ポーランド広報文化センター副所長を務めた。多くのポーランドのアーティスト、ミュジシャンを日本に紹介。ポーランド帰国後、MKProject 日-ポ文化/企業協力会社を設立。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください