JazzTokyo

Jazz and Far Beyond

閲覧回数 9,683 回

特集『ECM: 私の1枚』

扇谷研人『Pat Metheny Group』
『パット・メセニー・グループ/想い出のサン・ロレンツォ』

ECMからリリースされている、
様々なアーティストの大好きな作品はたくさんありますが、
このアルバムには特に強い影響を受けました。

歌のない楽器だけの音楽で、
シンプルな4リズムを主体とした編成で、
これだけの音楽的表現・色彩感覚・ポップさを持って
訴えかけられるオリジナルな世界があるんだ!
と感銘を受けました。

「エイプリル・ジョイ」等、いつ聴いてもたまらないです。


ECM 1114

Pat Metheny Group
Pat Metheny (6- And 12-string Guitar)
Lyle Mays (Piano, Oberheim, Synthesizer, Autoharp)
Mark Egan (Bass)
Dan Gottlieb (Drums)

1 San Lorenzo (Lyle Mays, Pat Metheny) 10:14
2 Phase Dance (Lyle Mays, Pat Metheny) 08:18
3 Jaco (Pat Metheny) 05:34
4 Aprilwind (Pat Metheny) 02:09
5 April Joy (Pat Metheny) 08:14
6 Lone Jack (Lyle Mays, Pat Metheny) 06:41

Recorded January 1978 at Talent Studio, Oslo
Engineer: Jan Erik Kongshaug
Produced by Manfred Eicher


扇谷研人 おおぎやけんと
ピアニスト、作曲家。オルケスタ・デ・ラ・ルスやISSEI NORO INSPIRITSのメンバーを経て、自身のソロプロジェクトなど幅広く活躍。共演アーティストは、宇崎竜童、大石昌良、辛島美登里、城 南海、坂本真綾、平原綾香など多数。ミュージカルの音楽監督も多数務める。2022年に新たにクリエイターとしてのユニット kento ohgiya Unknown Colorsを始動し、4/19に最新作”Rousoku”をリリース、4/21よりソロピアノツアー開催。4月8日 ピアニスト大貫祐一郎との2台ピアノコンサートを浜離宮朝日ホールで開催。kent-colors.com

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください