JazzTokyo

Jazz and Far Beyond

閲覧回数 9,020 回

特集『ECM: 私の1枚』

内藤康雄『Keith Jarrett / Radiance』
『キース・ジャレット/レイディアンス』

2002年大阪と東京で録音されたソロライブです。

研ぎ澄まされた感情がピアノとマリアージュされ、一音一音が繊細で感情的であり、ハーモニーや間、全てが絶妙。
ディープで、ピュアで、刺激的なゾーンに連れて行ってくれました。

1人でじっくりと聴きたい一枚です。


ECM 1960/61

Keith Jarrett (piano)

Recorded live, October 27, 2002 at Osaka Festival Hall
Recorded live, October 30, 2002 at Metropolitan Festival Hall, Tokyo
Engineer: Martin Pearson
Assistant engineer: Yoshihiro Suzuki


内藤康雄 ないとうやすお
会社員、ライブ企画運営
25年前にJAZZのライブを聴いてからJAZZを愛する人生になりました。
会社員の傍ら、国内外のJAZZアーティストのライブ企画や運営を行なっています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください