JazzTokyo

Jazz and Far Beyond

閲覧回数 7,556 回

特集『ECM: 私の1枚』

阿部真武『Pat Metheny / Bright Size Life』
『パット・メセニー/ブライト・サイズ・ライフ』

高校、大学の頃、いちばん良く聴いていたアルバムの中の一枚です。エレキベースでジャズをやりたいと思ったきっかけにもなりました。

どの演奏も瑞々しさに溢れていて本当に素晴らしいと思います。

特に最後に収録されているOrnette Colemanの〈Round Trip, Broadway Blues〉がとても好きで、この音楽がどうやって生み出されているのか強い興味を持ちました。

自分の即興的な音楽への興味の入り口でもあったように思います。


ECM 1073

Pat Metheny  (6-String Guitar, Electric 12-String Guitar)
Jaco Pastorius (Bass)
Bob Moses (Drums)

Recorded: December 1975, Tonstudio Bauer, Ludwigsburg
Engineer: Martin Wieland
Produced by Manfred Eicher


阿部真武 あべまさたけ
1993年生まれ。福島県出身のエレキベーシスト。ジャズを軸として、即興的な音楽に取り組んでいる。都内を中心に活動中。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください