#02 喜多直毅クアルテット『Winter in a Vision 2』リリース記念コンサート

閲覧回数 43,127 回

圧倒的な演奏力と物語構成力で、期待を裏切らない進化をみせるクアルテット。無音の部分にこそひた寄せる鬼気がある。人間の業や人生の割り切れなさが照射され、鮮烈なイメージ喚起力とともに変転していく。聴いていて全く楽ではない彼らの音楽は、「表現せずにはいられない」という崖っぷちの必然性を常に感じさせる点で芸術の根源に忠実だ。ひりつくほどに美しい。個々のメンバーの今後の成熟を予想すると末恐ろしいほど。

*レヴューは下記をクリック下さい。
https://jazztokyo.org/reviews/live-report/post-16784/

伏谷佳代

伏谷佳代 (Kayo Fushiya) 仙台市出身、卯年・牡羊座。早稲田大学卒業。欧州に長期居住し(ポルトガル・ドイツ・イタリア)各地の音楽シーンに親しむ。欧州ジャズとクラシックを中心にジャンルを超えて新譜・コンサート/ライヴ評(月刊誌/Web媒体)、演奏会プログラムやライナーノーツの執筆・翻訳など多数。東京都在住。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。