#01 Robert Glasper『Electric Trio+1』【ライブ配信】

閲覧回数 2,935 回

2021年10月8日(金)20時


  • Robert Glasper – keys
  • Burniss Travis – bass
  • Justin Tyson – drums
  • DJ Jahi Sundance – DJ

Set List

  1. Sardines
  2. No One Like You
  3. Madiba
  4. Enoch’s Meditation
  5. Silly Rabbit/Meatgrinder
  6. Look Of Love

大好きなロバート・グラスパーが10月に配信ライブを二つ行った。一つ目はレギュラーのトリオ+1設定で、何度かライブで見ている大好きなユニットだ。もう一つはこれにTerrace Martin(テレース・マーティン)とChristian Scott aTunde Adjuah(クリスチャン・スコット・アトゥンデ・ アジュアー)を加えたユニットで、さらに9th Wonderがゲスト出演だった。前者は『Electric Trio+1』、後者は『ディナー・パーティ』と題され、チケットの値段はなんと両方で$19、¥2,000前後で、アーカイブの期限制約もないのが嬉しい。

どちらを選ぶかと言うと、微妙な差でトリオ+1の方に軍配が上がる。筆者にとってのその理由は、フロントの管がいないだけDJ Jahi Sundance(DJ・ジャヒ・サンダンス)のDJを存分に楽しめるからだ。それにしてもこの人たちのグルーヴは悦楽だ。

Robert Glasper『Electric Trio+1』On Air 2021-10-08
Robert Glasper『Electric Trio+1』On Air 2021-10-08

ヒロ ホンシュク

本宿宏明 Hiroaki Honshuku 東京生まれ、鎌倉育ち。米ボストン在住。日大芸術学部フルート科を卒業。在学中、作曲法も修学。1987年1月ジャズを学ぶためバークリー音大入学、同年9月ニューイングランド音楽学院大学院ジャズ作曲科入学、演奏はデイヴ・ホランドに師事。1991年両校をsumma cum laude等3つの最優秀賞を獲得し同時に卒業。ニューイングランド音楽学院では作曲家ジョージ・ラッセルのアシスタントを務め、後に彼の「リヴィング・タイム・オーケストラ」の正式メンバーに招聘される。NYCを拠点に活動するブラジリアン・ジャズ・バンド「ハシャ・フォーラ」リーダー。『ハシャ・ス・マイルス』や『ハッピー・ファイヤー』などのアルバムが好評。ボストンではブラジル音楽で著名なフルート奏者、城戸夕果と双頭で『Love To Brasil Project』を率い活動中。 [ホームページ:RachaFora.com | HiroHonshuku.com] [ ヒロ・ホンシュク Facebook] [ ヒロ・ホンシュク Twitter] [ ヒロ・ホンシュク Instagram] [ ハシャ・フォーラ Facebook] [Love To Brasil Project Facebook]

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。