# 029 Sound-track from Bad Timing『ジェラシー』愛のテーマⅠ/愛のテーマⅡ
ピアノ:キース・ジャレット

閲覧回数 2,543 回

text by Kenny Inaoka 稲岡邦彌

ニコラス・ローグ監督の映画『ジェラシー』(Bad Timing/1979) に挿入されたキース・ジャレットの『ケルン・コンサート』(ECM)からの抜粋。日本での公開に合わせて1981年にシングル・カットされた。但し、レーベルはECMではなくTRIO。


発売元:TRIO RECORDS/トリオ株式会社
STEREO 45RPM AW709
1981年
¥700
解説:川本三郎

この映画(主演のひとりはアート・ガーファンクル)には、トム・ウェイツ、パッヘルベル、ザ・フー、ビリー・ホリデイなども使用されたが、解説の川本三郎はキースの音楽性について、“しかもそのスタイルは熱狂的というより内省的であり、聴く者を静かに純粋に音だけで作られた迷宮に誘い込む冷ややかな抒情性に満ちている。だから自意識と自意識のぶつかり合い、互いに愛の迷宮にまぎれ込んでいく男と女を描いたこのニコラス・ローグの神経質なラブストーリーに、キースのピアノ・ソロ「ケルン・コンサート」はもっともふさわしいバックグラウンド・ジャズといえるのだ”と記している。
キースの「ケルン・コンサート」は他の映画でもBGMに使用されているが、日本のTV-CMにも私の知る限り2本に起用された。1本は、他ならぬトリオのステレオ。ピアノを弾くキースの映像とステレオ装置に被って流された。もう1本はホンダの高級車レジェンドのデビューCM。制作会社が「ケルン・コンサート」をアテたデモの試写を見たスポンサーからどうしてもと懇願され、私がECMに泣きつくことになった次第。
番外編としては、ディーラーから「全編にケルン・コンサートを流した裏ビデオがある」と聞かされた営業から「何とかならないか」と泣きつかれたが、こればかりは手の打ちようがなかった。(稲岡邦弥)


初出:JazzTokyo #200 (2014.7.27)

稲岡邦彌

稲岡邦彌

稲岡邦弥 Kenny Inaoka 兵庫県伊丹市生まれ。1967年早大政経卒。音楽プロデューサー。著書に『改訂増補版 ECMの真実』編著に『ECM catalog』(以上、河出書房新社)『及川公生のサウンド・レシピ』(ユニコム)共著に『ジャズCDの名盤』(文春新書)。Jazz Tokyo編集長。 https://www.facebook.com/kenny.inaoka?fref=ts

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。