来日直前緊急インタヴュー #251 ホーコン・ベレ(MMBトリオ・ドラマー)

閲覧回数 2,312 回

Interviewed by Kenny Inaoka via Google Document, September 03, 2022

Håkon Berre ホーコン・ベレ
1980年、ノルウェー・ナムソスの生まれ。2002年、デンマークのエスビエルにある音楽院に学ぶため移住。2014年、リトアニアのリューダス・モツクーナス(sax)、アルナス・ミカルケナス (p) とトリオを結成、ヴィルニュス・ジャズ・フェスに出演、ライヴ・アルバム『Plunged』(Barefoot)を残す。2018年、デンマークのトリオ Ytterlandetで来日。2022年9月、MMBトリオ:モツクーナス=ミカルケナス=ベレ・トリオで来日予定。

Part 1

Jazz Tokyo: 来日ツアーを前にして今のお気持ちは?

Håkon Berre: また日本に行けることをとても楽しみにしている。前回の来日は2018年でしたが、日本の文化や料理、生活スタイルに一瞬で惚れ込んでしまったんだ。長い間のCovid-19やロックダウンを経て、今またアジア大陸への旅行が可能になったことは、ほとんど信じられないことだよ。この2年間はあまり旅行をしてこなかったので、これはすごいことだよ。

JT: 今回のツアーはいつ頃から計画されていたのでしょうか?

Håkon: 2019年です。最初に予定されていたツアーは、2020年9月に行われるはずだったんだ。その後、Covid-19のために2021年9月に延期、さらに2022年9月に延期されて、今回やっと実現することになった。

JT: お住まいの地域でのCovid-19の状況はいかがでしたか?

Håkon: 2020年の春と、2020年から2021年にかけての冬に、2回大きなロックダウンがありました。ですから、コンサートはもちろん、音楽学校で教えることもできない月が何度かありました。でも、政府がうまく対処してくれましたし、アーツ・カウンシルから資金援助を受けることができる可能性もありました。全体として、デンマークはパンデミック全体を賢明な方法で処理したと思いますし、人々は政府から指示された制限に従うことに同意しているようでした。

JT: 現状はどうですか?

Håkon: 今はすべてが正常に戻っています。何の制限もなく、国境はみんなに開かれています。

JT: 現状で、出国に何か特別な条件はあるのでしょうか?

Håkon: 今のところありません。

JT: 日本でのパンデミックについて、何か具体的な懸念はありますか?

Håkon: 今後1ヶ月の間に感染率が高くなり、就労ビザを持っている人に対しても国境が閉鎖されるのではないかと少し心配しています。でも、大丈夫そうですね。その懸念を除けば、今のところパンデミックの心配は特にありません。

JT: 現在予定されているツアーのスケジュールについてはどう思われますか?

Håkon: 素晴らしいツアー・スケジュールで、今までプレイしたことのないクラブにも行くことができるので楽しみです。今回は東京、千葉、横浜がベースになっているので、運賃の高い列車での移動を避けることができます。

JT: ところで、このトリオはいつ、どのように結成されたのですか?

Håkon:  2014年にリトアニアでの小さなツアーのためにリューダス(モツクーナス)がトリオを結成し、そこから年に1、2回、バルトやスカンジナヴィア、あるいはヨーロッパ各地で演奏を続けてきました。

JT: リューダスとアルナス(ミカルケナス)について、ミュージシャンとしてどう思われますか?

Håkon:  二人とも非常に優れたミュージシャンで、インプロヴァイザーだと思います。

JT: では、彼らの人間性についてはどうでしょう?

Håkon: とてもフレンドリーで謙虚な人たちで、自分たちがどう見えるか、周囲がどう思うかということよりも、音楽のことに関心が向いていますね。

JT: どのくらいの頻度で一緒に演奏しているのですか?

Håkon: そうだな、ツアーやフェスティバルのために、毎年数回会っているという感じですね。

JT: 今回共演を予定されている日本人のゲストと演奏したことはありますか?

Håkon: いいえ、まだひとりも会ったことがありません。

JT: では、ブッキングされたクラブはいかがですか?

Håkon:  2018年にトリオ「Ytterlandet」(Sture Ericson、Henrik Olssonとのトリオ)でツアーした時に、東京のKnuttle Houseと千葉のJazz Spot Candyで演奏したことがあります。

JT: 他に来日経験は?

Håkon: 2018年のYtterlandetでの1度だけです。

JT: 日本の印象はどうでしたか?

Håkon:  そうだね、とても良いですね。とても寛大で親切な人々が住む美しい国です。奇妙さ、キッチュさ、過激な音楽、抜群の料理、未来的なテクノロジー、そして美しい寺院やリラックスできる神聖な場所などが、クレイジーに混ざり合っているところが好きです。デンマーク(あるいはヨーロッパ)とはまったく違っていて、あらゆる面で刺激的です。

JT: では、リスナーについては?

Håkon:  今までの印象では、日本のリスナーはとても「大きな(オープンな)耳」を持っていて、「外の(未知の)」音楽に興味を持っているようですね。前回の来日でも、私のバック・カタログのCDを全部買ってくれた人がいましたよ。

JT: 日本の食べ物は好きですか?特に好きなものは?

Håkon: とても好きです。ラーメン、お寿司、焼き鳥など、大好物です。

Part 2

JT: 出身はどちらですか?

Håkon:  生まれたのはナムソスという、ノルウェーの真ん中にある小さな街です。

JT: 音楽一家でしたか?

Håkon: とくにそうではありません。母が少しピアノを弾きましたが、それだけです。

JT: 音楽に興味をもったのはいつ頃ですか?

Håkon: 子供の頃です。子供のころは、板でおもちゃの楽器を作って、兄と一緒にそれで有名なロックバンドで演奏することを夢想していました。CASIOの小さなキーボードも買ってもらい、それで簡単な曲を作りました。カセットテープを聴きながら、音楽に合わせてエア・ドラムを叩くのも楽しかったですね。

JT: 楽器はいつごろから、何をやっていたのですか?

Håkon: 音楽学校のロックバンドでキーボードを弾き始め、14歳ごろからドラムに転向しました。このころの主なきっかけは、ロックバンドをやっていた叔父です。そこからさらに音大に進み、最終的にはデンマークのエスビエルにある音楽院に進学しました。

JT:プロのミュージシャンとして最初に演奏したのはいつですか?

Håkon:  20歳頃、オスロの大学で勉強しながら、オスロで何度かライヴを経験しました。

JT: デンマークに移住しましたね。いつ頃、どうしてですか?

Håkon:  2002年にデンマークのエスビエルにある音楽院で勉強するために移住したのです。

JT: ノルウェーとデンマークの音楽シーンの本質的な違いは何だったのでしょうか?

Håkon: 私が移住した時点(2002年)では、ノルウェーに比べ、デンマークは少し「アメリカ的」でメイン・ストリームな印象でした。とくにジャズシーンですが。ノルウェーは実験的な音楽シーンが盛んでした。また、ノルウェーでは「ノルディック」スタイルがより広く浸透していました。でも、今はもうそうとは言えませんが。

JT: 好きなミュージシャンとメンターがいれば教えてください。

Håkon: 私にもっとも影響を与えた音楽家は、ジョン・ケージ、ヨハン・セバスティアン・バッハ、ジョン・コルトレーン、エルヴィン・ジョーンズ、ジミ・ヘンドリックス、ジョン・ボーナム、ぺーター・ブレッツマン、オーネット・コールマン、トム・ウェイツです。

JT: 最後に、あなたの夢を聞かせてください。

Hakon: 私の夢は、死ぬまでずっと即興音楽を生業として演奏すること、そして地球上のできるだけ多くの場所を訪問することです。

JT: ありがとう。あなたたちの音楽をとても楽しみに待ちます。安全で素敵なフライトを楽しんでください。それでは…。

♫ 来日ツアー情報

https://www.facebook.com/profile.php?id=100084446660058

Mail interview to Håkon Berre;
Interviewed by Kenny Inaoka for Jazz Tokyo via Google Document, September 03, 2022

Part 1
Jazz Tokyo: How do you feel now about coming tour to Japan?
Håkon Berre: I’m very much looking forward to come to Japan again. My last visit was in 2018, and I instantly fell in love with the Japanese culture, cuisine, and way of living. After a long period of Covid-19 and lock-downs it’s almost unbelievable that it’s now possible to travel to the Asian continent again. There haven’t been much travelling the last two years, so this is gonna be a blast.
JT:When did you start planning this coming tour?
Håkon: We started planning it in 2019. The first scheduled tour was supposed to happen in September 2020. Then we postponed to September 2021 because of Covid-19, and then again to September 2022, where we’re now at.
JT:How was the situation of Covid 19 where you were living?
Håkon: We had two major lock-downs, on during spring-2020, and one during winter 2020-2021. So, there were several months where you could not play a concert, or even teach at music schools. But the government handled it pretty good, and there were good possibilities of applying for financial support from the Arts Council. All in all, I think Denmark handled the whole pandemic in a sensible way, and people seemed to agree on following the restrictions given by the government.
JT: And how is now?
Håkon: Now everything is back to normal. There are no restrictions, and the borders are open to everybody.
JT:Is there any specific condition to emigrate your country under this circumstances? Håkon: At the moment, no.
JT: Do you have any specific concern about pandemic in Japan?
Håkon: I’m a little concerned that the infection rate will rise during the next month to such a high level that the country might close it’s borders to those who have working visas as well. But it seems that everything will be fine. Except from that, I’m not particularly concerned about the pandemic at the moment.
JT: What do you think about the booked tour this time?
Håkon: It’s a great tour schedule and I’m looking forward to visit some clubs that I haven’t played at before. It’s based around Tokyo, Chiba and Yokohama this time, to avoid expensive train travels.
JT: When and how this trio was formed?
Håkon: The trio was formed in 2014 by Liudas for a small tour in Lithuania. From there, we continued to play once or twice a year – in the Baltics, in Scandinavia or through Europe.
JT: What do you think about Liudas and Arnas as a musician?
Håkon: They’re both exceptionally good musicians and improvisers who are capable of taking our music in totally new directions, every time we play!
JT: Then how about their personality?
Håkon: Very friendly and humble human beings who are concerned about the music and not how they appear and what the outside world thinks about them.
JT: How often do you guys play together?
Håkon: We usually meet 1-3 times every year, either for a tour or for a festival gig.
JT: Have you ever played any of those Japanese guests?
Håkon: No, I have not met any of them yet.
JT: Then how about any of the booked venues?
Håkon: I played at Knuttle House in Tokyo and JazzSpot Candy in Chiba back in 2018 when I was touring with the trio “Ytterlandet” (with Sture Ericson and Henrik Olsson). JT:How many times have you been here and for what?
Håkon: I have only been to Japan 1 time, and that was with Ytterlandet in 2018.
JT: How about your impressions of Japan?
Håkon: Very good. It’s a beautiful country with a very generous and kind population. I like the crazy mix of weirdness, kitsch, extreme music, outstanding food, futuristic technology and beautiful temples and relaxing, sacred places. It’s very different from Denmark (or Europe) and utterly inspiring in every way.
JT: Then, listners?
Håkon: So far I have an impression that the Japanese audience have very “big ears” and are interested in “outside” music. Last time there was a guy who bought my whole back-catalogue on CD!
JT: Do you like any of Japanese foods?
Håkon: Very much! I’m a huge fan of ramen, sushi and yakitori, amongst others.

Part 2

JT: Where were you born?
Håkon: I was born in Namsos, a small city in the middle of Norway.
JT: Under musical family?
Håkon: Not particularly. My mother played a little piano, but that was it.
JT: When did you show interest in music and what sort of?
Håkon: As a kid, I build toy instruments out of planks and imagined that I played in a famous rock band with those, together with my brother. We also got a small Casio keyboard and made simple songs with that. I enjoyed listening to cassette tapes, and playing “air-drums” to the music.
JT: When did you play musical instrument and what was that?
Håkon: I started playing keyboards in a music school rock band, and then switched to drums when I was around 14. My main source of inspiration in this age was my uncle, who were playing in a rock band. From there, I went further to music college and eventually conservatory.
JT: Did you study at any musical academy?
Håkon: Yes, at the Conservatory of Music in Esbjerg, Denmark.
JT: When did you play first as a professional musician?
Håkon: Around the age of 20, when I did some gigs in Oslo while studying at the university there.
JT: When and why did move to Denmark?
Håkon: I moved to Denmark in 2002 to study at the Conservatory of Music in Esbjerg, Denmark.
JT: What was the essential difference in terms of music scene between Norway and Denmark?
Håkon: At the moment when I moved (in 2002), Denmark seemed a bit more “American” and main-stream compared to Norway. Especially the jazz scene. Norway had a bigger music scene for experimental music. In addition, the “nordic” style was more widespread in Norway. But I wouldn’t say that this is the case any more.
JT: Who are your favorite musicians and the mentor if any?
Håkon: The most inspiring musicians for me would be John Cage, Johann Sebastian Bach, John Coltrane, Elvin Jones, Jimi Hendrix, John Bonham, Peter Brötzmann, Ornette Coleman and Tom Waits.
JT: Finally, please tell us your dream.
Håkon: My dream is to be able to play improvised music as a living all the way until I die, and to visit as many places on earth as possible.
JT: Thank you, Håkon. We are looking forward to listening to your music down here. Have a safe and nice flight to this country. See you then…

♫ Tour Info.
https://www.facebook.com/profile.php?id=100084446660058

稲岡邦彌

稲岡邦彌 Kenny Inaoka 兵庫県伊丹市生まれ。1967年早大政経卒。音楽プロデューサー。著書に『増補改訂版 ECMの真実』(河出書房新社)編著に『増補改訂版 ECM catalog』(東京キララ社)『及川公生のサウンド・レシピ』(ユニコム)共著に『ジャズCDの名盤』(文春新書)。2004年創刊以来Jazz Tokyo編集長。2021年度「日本ジャズ音楽協会」会長賞受賞。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。