JazzTokyo

Jazz and Far Beyond

閲覧回数 18,395 回

このディスク2016(国内編)No. 225

この1枚2016(国内編)#06 『佐藤允彦/標準戯楽』

text by Kazue Yokoi 横井一江

BAJ Records BJSP-0011

佐藤允彦(p)
加藤真一(b)
村上寛(ds)

01. Mon Beulk
02. Well I Need It
03. Loeo
04. Whatever!
05. Interlude to a Kiss
06. My Fave Rave
07. Not Bad for Me
08. ‘S One to Fool
09. March 14th
10. It’s All Night with Me
11. Ais Inut
12. Ant Steps
13. Satanic Doll
14. Pumpkin Man
All tunes are composed and arranged by Masahiko Satoh

Recorded at ONKIO HAUS Studio 1, February 24 &25, 2016


佐藤允彦の戯楽シリーズの第4作目にして最終作。バッハを苦笑させ、アルバムを寄席に見立て、懐かしい童謡をジャズに変換した佐藤、今度はジャズという知の遊園地でスタンダード曲と戯れている。このシリーズにはおおいに楽しませてもらった。戯楽シリーズがこれで終わるのが残念である。

このアルバムについては下記エッセイをお読み下さい。
Reflection of Music vol.46 佐藤允彦

横井一江

横井一江 Kazue Yokoi 北海道帯広市生まれ。音楽専門誌等に執筆、 雑誌・CD等に写真を提供。ドイツ年協賛企画『伯林大都会-交響楽 都市は漂う~東京-ベルリン2005』、横浜開港150周年企画『横浜発-鏡像』(2009年)、A.v.シュリッペンバッハ・トリオ2018年日本ツアー招聘などにも携わる。フェリス女子学院大学音楽学部非常勤講師「音楽情報論」(2002年~2004年)。著書に『アヴァンギャルド・ジャズ―ヨーロッパ・フリーの軌跡』(未知谷)、共著に『音と耳から考える』(アルテスパブリッシング)他。メールス ・フェスティヴァル第50回記。本『(Re) Visiting Moers Festival』(Moers Kultur GmbH, 2021)にも寄稿。The Jazz Journalist Association会員。趣味は料理。当誌「副編集長」。 http://kazueyokoi.exblog.jp/

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください