#09 マタナ・ロバーツ

閲覧回数 4,130 回

2018年11月24日(土) 西麻布 スーパー・デラックス

Matana Roberts (as, vo)

Text by Akira Saito 齊藤聡

マタナ・ロバーツが初来日した。滞日中の演奏は、3日間にわたる「スーパー・デラックス エディション」最終日における1セットのインプロヴィゼーションのみである。

登壇すると、マタナは、来ることのできた喜びと、観客から感じるエネルギーについて早口で呟いた。そこから30分強だろうか、文字通り圧巻のアルトソロを披露した。彼女は呼吸のサイクルと同調させるように、息継ぎや感情を増幅させるように、アルトを吹く。そのブロウには血や情や泥が溢れんばかりに詰まっている。

アルトだけではない。「Chicago…, Get out my Chicago, I love it.」と、自身のルーツたるシカゴへの愛を呟き、また、「Something in the universe shifts…」と呟きつつ、共感する観客の声とともにドローンを創出した。これは「dedicated moments to you and me」であり、そして、「Let’s celebrate life.」。パフォーマンスの最後は「My name is Matana Roberts.」と締めくくった。痺れてしまい、しばらくは忘れられそうにない。

筆者自身は彼女のグループをいちどNYで観てもいるのだが、アルトソロは我がすべてさらけ出されるようであり、やはり特別だ。ソロ作品『Always.』(Relative Pitch、2014年録音)での印象を遥かに凌駕していたのだが、それは、同じ場を共有したからに他ならない。

(文中敬称略)

アバター

齊藤聡

齊藤 聡(さいとうあきら) 環境・エネルギー問題と海外事業のコンサルタント。著書に『新しい排出権』など。ブログ http://blog.goo.ne.jp/sightsong

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↓ ロボットでないかお知らせください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。