#09 『ボボ・ステンソン・トリオ』

閲覧回数 4,042 回

text by Rin Okazaki  岡崎 凛

『BOBO STENSON TRIO / Contra la Indecisión』(ECM2582, 2018)

Bobo Stenson — piano
Anders Jormin — bass
Jon Fält — drums

2018年がスタートするとほぼ同時にこのアルバムを耳にした。スピーカーから流れ出すパーカッションの音を聴いて、これほど衝撃を受けたことはなかった。気味の悪い言い方だが、まるで生命体の一部に触れたかのような感触があった。驚くほど不思議なタイミングで鳴り響くドラムやシンバルは、やがて統一感あるサウンドに変わっていく。録音するといと言うより、まるでカメラで撮影しているような、視覚にも訴える不思議な音に出会えた。録音エンジニアはステファノ・アメリオ。特に録音技術に詳しくない自分でさえ、彼の名前は覚えている。

ボボ・ステンソンを初めて聴いたのは1976年頃だったので、何十年も聴き続けているピアニストである。一時期はそれほど執着することがなく、あまり追ってなかったのだが、気がついたら彼はアンダーシュ・ヤーミーン(ヤーミン、ヨルミンとも表記される)という、とてつもないベーシストとのトリオで次々と傑作を生んでいた。トリオのドラマー(パーカッショニスト)がヨン・フェルトに替わって、このトリオにはますます磨きがかかってきたようだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このアルバムについては、今年の7月にUntitled Medleyさんのサイトの「音楽ファンが選ぶ2018年のジャズ・アルバム 12選【パート1】に紹介文を載せて頂きました。
https://untitledmedley.com/2018/07/04/2018-best-jazz-1/

「重厚さと素朴さのバランスが素晴らしく、トリオの繰り出す豊かな音に圧倒されるが、彼らはただアートの極限を目指すだけではなく、ノスタルジックで穏やかな世界も楽しませてくれる」と始まる紹介文で、よろしければこちらもお読みください。

また、関西発のジャズ情報フリーペーパー、WAY OUT WEST誌1月号でも、このアルバムを年間ベストアルバムに選びました。

アバター

岡崎凛

岡崎凛 Ring Okazaki 2000年頃から自分のブログなどに音楽記事を書く。その後スロヴァキアの音楽ファンとの交流をきっかけに中欧ジャズやフォークへの関心を強め、2014年にオラシオ氏監修 DU BOOKS「中央ヨーロッパ 現在進行形ミュージックシーン・ディスクガイド」でスロヴァキア、ハンガリー、チェコのアルバムを紹介。現在は関西の無料月刊ジャズ情報誌WAY OUT WESTで新譜を紹介中(月に2枚程度)。ピアノトリオ、フリージャズ、ブルースその他、あらゆる良盤に出会うのが楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↓ ロボットでないかお知らせください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。