#10『Megumi Yonezawa – Masa Kamaguchi – Ken Kobayashi / Boundary』

閲覧回数 4,393 回

text by Masanori Tada 多田雅範

『Megumi Yonezawa – Masa Kamaguchi – Ken Kobayashi /Boundary』
ESP / King International

Megumi Yonezawa, piano
Masa Kamaguchi, bass
Ken Kobayashi, drums

01. Boundary 4:23
02. Alchemy 6:03
03. Tremor 4:40
04. Meryon 7:18
05. I’ll Be Seeing You 6:39
06. Reef 7:31
07. Veil 8:50
08. Onement 6:08
09. Wavelength 5:15
10. Nostalgio 9:51
All tracks by Megumi Yonezawa/Masa Kamaguchi/Ken Kobayashi except “I’ll Be Seeing You” by Irvin Kahal/Sammy Fain

Recorded at Park West Studios on June 4, 2017 by Jim Clouse
Produced by Steve Holtje

 

来日した米澤恵美のピアノを聴くことができた、

2016年の『A Result Of The Colors / Megumi Yonezawa Trio』で、この才能は間違いないとブチ上げていたが(http://musicircus.on.coocan.jp/rova_n/rova_r39.htm)、

今年はかのESPレーベルからのリリース、このピアニストは魔法を奏でる柔らかい精神と倫理を持っている、まったく稀有な才能だ、来日公演では橋爪亮督と市野元彦のトリオを聴いたが、まさにこの3にんだ、苛烈なまでに拮抗した才能たちが奏であう地球なのだ、

多田雅範

多田雅範

Masanori Tada / 多田雅範 Niseko-Rossy Pi-Pikoe 1961年、北海道の炭鉱の町に生まれる。東京学芸大学数学科卒。元ECMファンクラブ会長。音楽誌『Out There』の編集に携わる。音楽サイトmusicircusを堀内宏公と主宰。音楽日記Niseko-Rossy Pi-Pikoe Review。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↓ ロボットでないかお知らせください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。