#12 『ジェイ・マクシャン・ライブ・イン・東京 1990 : Jay McShann Live in Tokyo 1990』

閲覧回数 958 回

『ジェイ・マクシャン・ライブ・イン・東京1990 : Jay McShann Live in Tokyo 1990』

text by Yoko Takemura  竹村洋子

ジェイ・マクシャン (p, vo)
リン・シートン(b, vo)
チャック・リグス (ds)

T2 Audio Studio  T2AUDIO~101

1990年4月9日  at Indigo Blues,  The ACT 、新宿、東京

1.But Not For Me
2.In A Sentimental Mood
3.Kansas City
4.Moten Swing
5.On A Clear Day
6.Jumpin’ the Blues
7.Georgia On My Mind
8.All Of Me
9.Cute

30年前に来日したカンザスシティ・ジャズ&ブルースの巨匠、ジェイ・マクシャン・トリオの日本公演が素晴らしいマスタリングで蘇った、まるで、昨日録音したような新鮮なパフォーマンスと音質。エンターテイメントの真髄ともいうべき理屈なく楽しいアルバム。

竹村洋子

竹村洋子

竹村 洋子 Yoko Takemura 桑沢デザイン専修学校卒業後、ファッション・マーケティングの仕事に携わる。1996年より、NY、シカゴ、デトロイト、カンザス・シティを中心にアメリカのローカル・ジャズミュージシャン達と交流を深め、現在に至る。主として ミュージシャン間のコーディネーション、プロモーションを行う。Kansas City Jazz Ambassador 会員。KAWADE夢ムック『チャーリー・パーカー~モダン・ジャズの創造主』(2014)に寄稿。Kansas City Jazz Ambassador 誌『JAM』に寄稿。(2016)

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。