#06 『Jaimie Branch / FLY or DIE Ⅱ: bird dogs of paradise』

閲覧回数 954 回

text by Keita Konda 根田恵多

International Anthem ‎– IARC0027

FLY or DIE
jaimie branch – trumpet, voice, synths, sneaker squeaks, bells & whistles
Lester St. Louis – cello, percussion
Jason Ajemian – double bass, percussion, vocals
Chad Taylor – drums, mbira, xylophone

-with special guests-
Ben LaMar Gay – voice (on track 2)
Marvin Tate – voice (on track 2)
Matt Schneider – 12-string guitar (on track 2)
Dan Bitney – percussion, synthesizer (on track 8)
Scott McNiece – egg (on track 8)

1. birds of paradise
2. prayer for amerikkka pt. 1 & 2
3. lesterlude
4. twenty-three n me, jupiter redux
5. whales
6. simple silver surfer
7. bird dogs of paradise
8. nuevo roquero estéreo
9. love song

Recorded by: Dave Vettraino & David Allen
Recording Assisted by: James Dunn & Kristian ‘Capitol K’ Robinson
Edited by: jaimie branch & Dave Vettraino
Mixed by: David Allen & Dave Vettraino
Mastered by: Shelly Steffens
Cover Art by: jaimie branch & John Herndon
Cover Design by: Damon Locks & jaimie branch
Layout & Insert Design by: Craig Hansen
Photography by: Peter Gannushkin, Dawid Laskowski & Fabrice Bourgelle
Executive Production by: Scott McNiece & David Allen

 
2019年もジェイミー・ブランチの快進撃は止まらなかった。Relative Pitchから『Dropping Stuff and Other Folk Songs』をリリースし、ジェームズ・ブランドン・ルイス『An Unruly Manifesto』マーズ・ウィリアムス『An Ayler Xmas Vol. 3: Live In Krakow』など、数多くの作品に参加している。中でもシカゴのInternational Anthemからリリースされた本作は素晴らしかった。同レーベルから2年前に出た初リーダー作『FLY or DIE』の続編である。

 
 

 
 

何しろ勢いがある。突破力がある。力強く、鮮やかに飛翔するジェイミーのトランペットを聴くだけで嬉しくなってしまう。トランペットのワンホーンでチェロ入りの小編成というとハンニバル・マーヴィン・ピーターソンを思い起こすが、音楽性は大きく異なっている。ヴォイスやシンセも用いて、驚くほど分厚く、カラフルなサウンドを構築している。ジェイミーは優れたトランペット奏者であるだけでなく、作曲・構成においてもその才能を大いに爆発させている。

プロテスト・ソング「prayer for amerikkka」も収録されており、「音楽に政治を持ち込むな」という言説のくだらなさを改めて痛感する。これは2019年を切り取った1枚なのだ。間違いなく、いま聴くべき音楽だ。

 
 

 
 

アバター

根田 恵多

根田恵多 Keita Konda 1989年生まれ。都内の大学で助手を務める。専門はアメリカ憲法、とくに政教分離、精神的自由権。主な著作に『教職課程のための憲法入門〔第2版〕』(共著、弘文堂、2019年)など。ただのジャズファン。ブログ http://zu-ja.hatenablog.com/

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。