#05 ノースシー・ジャズ・フェスティヴァル2019〜メトロポール・オーケストラ 挾間美帆、リズ・ライト、べッカ・スティーヴンズ、カミラ・メサ

閲覧回数 5,088 回

ノースシー・ジャズ・フェスティヴァル 2019
メトロポール・オーケストラ〜挾間美帆、リズ・ライト、べッカ・スティーヴンズ、カミラ・メサ
North Sea Jazz Festival 2019
Metropole Orkest with Lizz Wright, Becca Stevens & Camila Meza. Conducted by Miho Hazama

挾間美帆は、ニューヨークを拠点に”ジャズ作曲家”として活躍の場を急激に広げ、m_unitによる最新アルバム『Dancer in Nowhere』が、第62回グラミー賞「最優秀ラージ・ジャズ・アンサンブル・アルバム部門(Best Large Jazz Ensemble Album)」にノミネートの快挙となっているが、その中でも、2019年7月に、フル編成のメトロポール・オーケストラの指揮者を任され、ノース・シー・ジャズ・フェスティバル公演という檜舞台で成功させたことは、ひとつの到達点であり、新たな出発点となった。リズ・ライト、べッカ・スティーヴンズ、カミラ・メサの3人が揃うのは初めてだったが、それぞれの魅力とアンサンブルを最大に楽しめるコンサートとなった。

詳細はこちらのリンクからご覧いただきたい。

これ以外についても、海外ミュージシャンの素晴らしい公演が多数あった。
8月〜10月に南米とスペインのミュージシャンの来日が続き、アンドレ・メマーリヤマンドゥ・コスタ&エドマール・カスタネーダなど、最高のコンサートだった。

また、年末となるが、福盛進也が企画した「EAST MEETS EAST」も素晴らしい公演となった。他の方が推薦されると思うので、そちらをご参照されたい。

神野秀雄

神野秀雄

神野秀雄 Hideo Kanno 福島県出身。東京大学理学系研究科生物化学専攻修士課程修了。保原中学校吹奏楽部でサックスを始め、福島高校ジャズ研から東京大学ジャズ研へ。『キース・ジャレット/マイ・ソング』を中学で聴いて以来のECMファン。東京JAZZ 2014で、マイク・スターン、ランディ・ブレッカーとの”共演”を果たしたらしい。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。