#11 『Flin van Hemmen / Casting Spells And The Coves』

閲覧回数 4,269 回

text by Masanori Tada 多田雅範

Neither/Nor Records 2019

Todd Neufeld – acoustic guitar
Eivind Opsvik – double bass, glockenspiel
Flin van Hemmen – piano, farfisa, percussion

1.Lusores 02:25 /2.The Weather Meadows I 02:08 /3.Strange Attractors 01:38/4.St Jozef (for Olle) 02:12/5.Ecumenical 06:34/6.Stilleven 11:17/7.What’s Lurking in Your Systems 02:11/8.Clouds Are Not Spheres 01:25/9.Linedancing 04:37/10.My Echo 01:12/11.The Weather Meadows II 07:12/12.Where’s the Theatre 01:38/13.Paradise Cove 09:45/14.Now You Hear It, Now You Don’t 03:03/15.Baai 03:42/
16.Casting Spells 03:12/17.Waving 01:59/18.The Magic Show 02:40/19.Parameters 02:14/20.The Womb 04:47/21.Vagaries 06:48/22.Come On Man, It’s Harvest Time! 02:47

Recorded by Joe Branciforte at Todd and Rema’s home, Brooklyn, NY on April 27, 2017. Mixed by Flin van Hemmen. Mastered by Joe Branciforte. All music by Flin van Hemmen. Casting Spells cover photo by unknown, The Coves cover photo and dogs photo by Ben Gerstein. Design by Carlo Costa.


フリン・ヴァン・ヘメンの前作『Mu’u』(2017年)は Jazz Tokyo でクロス・レビューをしている、多田、益子博之、細田成嗣が参加した、

#1449『Todd Neufeld / Mu’U』

新作は2枚組、22トラックの耳の旅路だ、静かに、耳が浮遊するように時間感覚を狂わせる、失わせる、

前作には参加していたタイション・ソーリー、ハスミレマ、も、含めて、この三人はニューヨークで21世紀のジャズ史の扉を開いた菊地雅章の音楽的後継者、チルドレンである、神の子たちは音楽的なファミリーを形成する、

フィールドレコーディング、耳の射程、音響そのもの、へと21世紀の音楽の放射は続いている、たぶんあらゆるジャンルで、

彼らのそれぞれの創造に、タイム感覚という視点は重要なものだが、あの幽玄、序破急としか言いようのない能で奏でられる演奏との親和性を感じる、新たな聴取や記述のパラダイムが要請されている時代にいると思われる、

多田雅範

多田雅範

Masanori Tada / 多田雅範 Niseko-Rossy Pi-Pikoe 1961年、北海道の炭鉱の町に生まれる。東京学芸大学数学科卒。元ECMファンクラブ会長。音楽誌『Out There』の編集に携わる。音楽サイトmusicircusを堀内宏公と主宰。音楽日記Niseko-Rossy Pi-Pikoe Review。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。