I Remember Oki sax Mike Ellis

閲覧回数 2,251 回

text by Mike Ellis マイク・エリス

I first met Oki around 1980 performing in Alan Silva’s Celestrial Communicatins Orchestra which rehearsed twice a week … he was also teaching a BeBop & Standards workshop which i attended regularly. Many people don’t realize that Oki was very proficient in those styles because he dedicated his career to Avant-Garde. He was a discreet soft spoken man who really didn’t speak much English or French  but somehow it didn’t seem to matter because he seemed to communicate on some other level. I will always be grateful for his help when I moved to Japan in 1985 – 1990.
He introduced to many great musicians and interesting people performing with his various projects. He was a very encouraging person. We did a couple of performances together over the past few years and would have a few beers when he was in my neighborhood. The last time I saw him was around New Year 2020 during a big family & friends get together in a Parisian Chinese restaurant… we were all pleasantly surprised to find out that my son KHNG KHAN (bassist, rapper, electro-artist) & his daugher Mika Oki (electro-artist) were already friends and colleagues without knowing they’re Dad’s connection… a good time was had by all.

On September 12th Mika Oki organized a Hommage Concert which was attended by those who knew and loved him. We started the concert with my son on bass, Noël McGhie : drums  Mark Sims : trombone with a wild version of Night in Tunisia followed by a reflective piece based on the Japanese Kumoi scale which was almost straight ahead compared to what followed : a no holds barred free for all including Action Painting, Butoh Dance, Electro pyrotechnics and Free Jazz frolics on a multitude of acoustic instruments… if he could hear it … I’m sure he dug it !
Goodbye OKI San old friend… you will be sorely missed.

Peace LOVE & Music

アイ・リメンバー・オキ

初めてオキに会ったのはアラン・シルヴァのCelestrial Communications Orchestraで、週に2回リハーサルをやってた。オキは、ビバップとスタンダードのワークショップもやってて、僕は定期的に通ってた。皆はオキがビバップやスタンダードにそれほど詳しいとは思ってなかったんだ。生涯をアヴァン・ガルドに捧げていた人だからね。彼は英語もフランス語もほとんど喋らずに小さい声でぼそぼそ話すタイプだったけど、そんなことはどうでもよかったみたい。違うレヴェルで意思の疎通が図れてたからね。1985年から1990年まで僕の滞日中はずいぶん彼の世話になった。とても感謝している。
彼は自分がかかわっているいろんなプロジェクトに関係する素晴らしいミュージシャンや有能な関係者たちに僕を紹介してくれた。とても勇気を与えてくれた。ここ何年間で2度ほど共演する機会があり、近所付き合いをしているときは何度か一緒にビールを飲んだ。最後に会ったのは今年(2020年)の正月あたりで、家族や友人たちが大勢パリの中華レストランに集まったとき。なんと、僕の息子のKHNG KHAN(bassist, rapper, electro-artist)と彼の娘の Mika Oki (electro-artist) が親同士の関係を知らないままで、すでに知り合いで仲間だったことを知って驚いたんだ。誰にとっても楽しいひとときだった。

9月12日、Mika Okiが 彼のオマージュ・コンサートを開いて、知人や彼を愛する仲間が集まった。スタートは息子のベース、Noël McGhieのドラムス、Mark Simsのトロンボーンで<Night in Tunisia>のワイルド・ヴァージョン。
続いては、日本の雲井音階を使ったリフの繰り返しで、かなりストレート・アヘッドな曲。そのあとに来たのが、アクション・ペインティングや舞踏、電気を使ったパイロテクニクスからアコースティック楽器によるフリージャズまでなんでもござれのチャンプルー。オキが聴いたら、喜んだに違いないな!
OKIさん、さよなら、長い付き合いだった..。寂しくなるぜ。

Peace LOVE & Music
(訳責:稲岡)


Mike Ellis (マイク・エリス)サックス奏者
NY生まれ。17歳でプロとしての活動を開始。バークリー音大、ニュースクール(NY)で学ぶ。スティーヴ・レイシー、デイヴ・リーブマン、スティーヴ・グロスマンらに指示。パリを中心に活躍しているが、1985年から5年間は東京に滞在、CD『What Else Is New?』(PAN Music)を制作。最新作は『Bahia Band』(Alpha Pocket)。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。