R.I.P. Gary Peacock photographer Roberto Masotti

閲覧回数 2,557 回

above photo: ©1981Roberto Masotti Gary Peacock suona il contrabbasso di Paolo Damiani, un Gand et Bernardel (Paris 1881)
photos by Roberto Masotti, Milano

©1977 Roberto Masotti
Gary Peacock, Ludwigsburg 1977
©2001 Roberto Masotti Keith Jarrett, Standards Trio, Perugia 2001, Umbria Jazz

RobertoMasotti

RobertoMasotti

1947年、イタリア・ラヴェンナ生まれ。1972年からミラノを拠点に活動。1973年からECMのセッションを撮影、数十作のカヴァー写真、数百作のライナー写真を提供。1976年から2008年までECMのイタリア・レップとしてプレスを担当。1979年から19年間、妻のシルヴィア・レリと「Lelli e Masotti」の名で、ミラノ・スカラ座のオフィシャル・フォトグラファーを兼務。その間、スカラ座と3度の来日、2度の写真展を実現。最近は、アーティストの等身大の全身像を使ったインスタレーション「Life Size Acts」、コンピュータに取り込んだ映像とミュージシャンとの共演「improWYSIWYG」を展開中。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。