RIP Stanley Cowell by Biily Harper
追悼 スタンリー・カウエル by ビリー・ハーパー

閲覧回数 1,348 回

text by Billy Harper ビリー・ハーパー

スタンリー C.はジャズ界で僕の大好きな人物のひとりだった。彼は友人であると同時に、僕と音楽活動の時代を共有した傑物でした。彼は素晴らしい人物であり、間違いなく優れた作曲家でもあった。物静かな男で時にはそばにいることを意識させないほどだった。しかし、彼の独自の楽曲の数々は人々の記憶から消えることはないだろう。僕の印象では、彼の作曲の多くは彼の指がピアノの鍵盤に触れることによって生み出されたものだと思う。そのメロディはどこまでも美しく、どこか “内奥の源泉” から紡ぎ出されたものに違いなかった。スタンリーは、僕らのジャズというアート・フォームの実践者だった。
ビリー・ハーパー(サックス奏者)

Stanley C. was one of my favorite persons in the jazz world. He was a friend, and someone in my era of music presentation. A wonderful person, and certainly a great composer, his quiet demeanor would sometimes make you forget that he was around. His indisputable compositions certainly stayed
in one’s head. I got the impression that many of his writings emerged from the way his fingers physically touched the piano keys. But the melodies were so beautiful, they must have come from some deep “inner source”. Stanley was a vital practitioner of our jazz-art form.
Billy Harper

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。