RIP Stanley Cowell by Charles Tolliver

閲覧回数 6,371 回

text by Charles Tolliver チャールス・トリヴァー


もし、この惑星上に双子でもうひとりの自分がいるとすれば、それはスタンリーと僕だ。それは、1967年、マックス・ローチに彼のニュー・クインテットに参加するよう召喚されて初めてのリハーサルで出会った時に始まる。破綻することのない不動の音楽的かつ人間的不滅の絆。偉大なアーティストであり僕の生涯の同僚としてのスタンリーの重要性は、聖書に基づく次の賛美歌をもって説明するのが最善の方法と思われる;神の御業(みわざ)は不思議な現れ方をする。スタンリー・カウエルの驚異は永遠に不滅である。
チャールス・トリヴァー
トランペッター NY

“IF EVER THERE WERE TWO PEOPLE ON THIS PLANET WHO WERE TWINS & ALTER-EGO MATCHED IT WAS STANLEY & I. FROM OUR FIRST MEETING AT THE FIRST REHEARSAL AFTER BEING SUMMONED BY MAX ROACH TO JOIN HIS NEW QUINTET IN 1967.  THERE WAS AN UNBROKEN STEADFAST MUSICAL & PERSONAL IMMORTAL BOND. STANLEY’S IMPORTANCE AS A GREAT ARTIST & MY LIFELONG COMRADE CAN BEST BE EXPLAINED IN THAT SCRIPTURE-BASED HYMN, “[the Lord] GOD MOVES IN MYSTERIOUS WAYS HIS WONDERS TO PERFORM”. THE WONDER OF STANLEY COWELL WILL LIVE FOREVER”.
Charles Tolliver
Trumpeter, NY

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。