RIP Curtis Fuller by Jack DeJohnette
追悼 カーティス・フラー by ジャック・ディジョネット

閲覧回数 16,191 回

text by Jack DeJohnette ジャック・ディジョネット
photo by ©Mitsuhiro Sugawara 菅原光博

Curtis Fuller@New Port Jazz Fes, June 1990 ©Mitsuhiro Sugawara

写真:秋吉敏子オール・スターズ@ニューポート・ジャズ・フェスティバル 1990
(LtoR) カーティス・フラー(tb) ジョージ・デュヴィヴィエ(b) 秋吉敏子(p) ジャック・ディジョネット(ds) フィル・ウッズ(as) ディジー・ガレスピー(tp)


I remember listening to Curtis on a lot of Blue Note and Impulse
recordings.
I enjoyed listening to his creative ideas and his warm sound.
The only time I got to play with Curtis was with Toshico’s all star
sextet at NewPort Jazz Festival.
It featured Dizzy, Phil Woods, Curtis, George Duvivier and myself.
That was a great concert and I am really glad that I had the
opportunity to have played with him.
He made a great contribution to the art of playing jazz trombone!
Jack DeJohnette.

Blue NoteとImpulseのカーティスを何枚も愛聴していた記憶がある。クリエイティヴなアイディアと暖かいサウンドが好きだった。カーティスと共演したのは一度だけ、ニューポート・ジャズ・フェスでの秋吉敏子のオールスター・セクステットだった。ディジーとフィル・ウッズ、カーティス、ジョージ・デュヴィヴィエに僕というメンバー。すばらしいコンサートで彼と共演できる機会を持てたことをとても嬉しく思っている。ジャズ・トロンボーンを演奏するというアートに彼が寄与した貢献は偉大なものがある。(訳責:稲岡)
ジャック・ディジョネット

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。