ヴァネッサ・ブレイ自動車事故死

閲覧回数 7,936 回

ピアニスト ポール・ブレイの次女でミュージシャンのヴァネッサが去る10月25日、自動車事故で亡くなっていた。地元紙の伝えるところによると、自宅近くのカリフォルニア州サンタバーバラを自家用車で走行中、センターラインを超えてきた対向車と正面衝突、ヴァネッサと同乗していたふたりの子供たち、2歳の長女と生後4ヶ月の長男は即死した。ヴァネッサは、ポール・ブレイとヴィデオ・アーチスト キャロル・ゴスの次女で、享年34。地元紙が報じたヴァネッサの戸籍名は、Rebecca Vanessa Goss Bley。
生まれ故郷のマンハッタンを出てカリフォルニアに移住、ワイナリーを経営する男性と結婚後の音楽活動を継続していた。2012年、初のソロ・アルバム『Beast Patrpol』をリリース、次いで、2015年にはシャデーのプロデューサーだったスチュアート・マシューマンとの共同政策で『Twin Danger』をリリース、アルバムに先立って2013年にはTwin Dangerとして Billboard Live東京で公演。2016年1月の父親の死にインスパイアされたサイケ・ロック系ソロ・アルバム『Life and Death』を2017年にリリース、同時に、封印していたピアニストとしての活動を開始、即興によるピアノ・ソロ・アルバム『Colors』を制作した。昨2018年4月17日には『Colors』リリースを記念し、渋谷Saravah東京で公演、ピアニスト 山口コーイチとの1回限りの共演を果たした。

♫ 関連記事

https://jazztokyo.org/interviews/post-26251/

https://jazztokyo.org/column/hear-there-everywhere/post-26635/

https://jazztokyo.org/column/live-evil/post-27522/

https://jazztokyo.org/reviews/live-report/post-27970/

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。