4/14(本日)4月14日「戦場のメリークリスマス」4K修復版 公開記念 トーク・イベント
〜ピーター・バラカンx オノセイゲン「戦メリ」を語る

閲覧回数 3,474 回

4月14日(本日・水)代官山「晴れたら空に豆まいて」にての、映画『戦場のメリークリスマス』4K修復版 公開記念トーク・イベント。
『戦場のメリークリスマス』にも出演、坂本龍一、デヴィット・ボウイとも懇意である音楽コメンテーター ピーター・バラカンと、サントラの録音エンジニアであり、坂本龍一の仕事に長きにわたって関わってきたオノセイゲンの、『戦場のメリークリスマス』について、映画音楽について、撮影秘話など、映画鑑賞だけでは分かり得ない内容の濃いトークが期待できる。

限定の会場参加と、配信チケットもあり。晴れ豆会場では限定でDSDマスターの音の試聴と、CD即売会も予定されている。

代官山・晴れたら空に豆まいて
東京都渋谷区代官山町20−20モンシェリ代官山B2F
 https://haremame-0414-2021.peatix.com
●ピーター・バラカン ●オノセイゲン
■ open 17:50 / start 18:30/ close 20:00
■18:00 から会場内で即売会のCDのデモ試聴
■18:20 からNHK-FM ニューイヤースペシャルで元旦に放送された坂本龍一+大友良英DUOセッション(2020年12月25日収録)を晴れ豆のMeyer Sound での試聴。API VISIONコンソールからダイレクトにKORG Nu1 で11.2MHz DSD収録したマスターのプレイバック。
■ 録画配信:7月31日 23:59まで

【チケット】
■会場参加■ 限定80名:状況により増減あり
¥ 2500 円/3000円 +1D
■配信チケット
¥ 1300円


■ピーター・バラカン
1951年ロンドン生まれ。
ロンドン大学日本語学科を卒業後、1974年に音楽出版社の著作権業務に就くため来日。
1980年暮から1986年夏までYMOの所属事務所だったヨロシタ・ミュージックの社員としてYMOと各メンバーの活動に関わり、仕事の一環で1982年に坂本龍一の付き人として「戦場のメリー・クリスマス」の撮影に同行。
現在フリーのブロードキャスターとして活動、「バラカン・ビート」(インターFM)、「ウィークエンド・サンシャイン」(NHK-FM)、「ライフスタイル・ミュージアム」(東京FM)、「ジャパノロジー・プラス」(NHK BS1)などを担当。著書に『Taking Stock どうしても手放せない21世紀の愛聴盤』(駒草出版)、『ロックの英詞を読む~世界を変える歌』(集英社インターナショナル)、『わが青春のサウンドトラック』(光文社文庫)、『ピーター・バラカン音楽日記』(集英社インターナショナル)、『魂(ソウル)のゆくえ』(アルテスパブリッシング)、『ラジオのこちら側』(岩波新書、電子書籍だけ)、『ぼくが愛するロック 名盤240』(講談社+α文庫、、電子書籍だけ)などがある。
2014年から小規模の都市型音楽フェスティヴァルLive Magic(https://www.livemagic.jp/ )のキュレイターを務める。
ウェブサイトは http://peterbarakan.net

■オノ セイゲン
1958年生まれ。1978~80音響ハウス在籍。録音エンジニアとして『戦場のメリークリスマス』(1983)に始まり、直近ではNHK FM坂本龍一&大友良英DUOや新日本フィル/オーケストラ・モンタージュなどを2chダイレクトDSD録音。87年「サイデラ・レコード」、96年「サイデラ・マスタリング」、2021年「Saidera Ai 展開戦略推進部」を開設。
アーティストとして1984 年に JVC よりデビュー。 87 年に日本人として始めてヴァージン UK と契約。同年、コム デ ギャルソン 川久保玲から 「誰も、まだ聴いたことがない音楽を使いたい」「洋服がきれいに見えるような音楽を」 という依頼によりショーのためにオリジナル楽曲を作曲、制作。『COMME des GARÇONS SEIGEN ONO』 最新作は『CDG Fragmentation』。アート・リンゼイ、ビル・フリゼール、ジョン・ゾーン、マーク・リボウ、 三宅純、渡辺貞夫、近藤等則、加藤和彦など多数のアーティストのプロジェクトに参加。『Bar del Mattatoio(屠殺場酒場)』はカエタノ・ヴェロ-ゾが寄せたライナーも話題となる。2019年度ADCグランプリ受賞。
ウェブサイトは https://www.saidera.co.jp/seigen.html

【映画作品情報】
作品タイトル:戦場のメリークリスマス 4K修復版
公開:4月16日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次公開
コピーライト:©大島渚プロダクション
出演:デヴィッド・ボウイ、トム・コンティ、坂本龍一、ビートたけし、ジャック・トンプソン、ジョニー大倉、内田裕也
監督・脚本:大島渚
脚本:ポール・マイヤーズバーグ
原作:サー・ローレンス・ヴァン・デル・ポスト「影の獄にて」
製作:ジェレミー・トーマス
撮影:成島東一郎 音楽:坂本龍一 美術:戸田重昌
1983年/日本=イギリス=ニュージーランド/英語・日本語/123分/ビスタサイズ/ステレオ
協力:大島渚プロダクション
配給・宣伝:アンプラグド ©大島渚プロダクション
公式サイト:oshima2021.com

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。