第61回 グラミー賞(2018) 受賞作品速報

閲覧回数 6,627 回

61st Annual Grammy Winners (2018)
第61回 グラミー賞 (2018) 受賞作品

第61回グラミー賞(2018) 授賞式が、2019年2月10日、ロサンゼルス・ステープルズセンター・で開催され、全部門の受賞作品が発表された。受賞作の一部を動画を紹介しながら、ジャズ部門と総合部門とクラシック部門を中心に速報でお届けする。ぜひご自身の耳でお確かめいただければ幸いだ。
社会的に注目すべきなのは、チャイルディッシュ・ガンビーノの<This is America>が、最優秀MV、そして、レコード・オブ・ザ・イヤー、ソング・オブ・ザ・イヤーを受賞していることで、MVでは銃社会を痛烈に批判する内容になっている。日本出身の映像ディレクター ヒロ・ムライ(作曲家、プロデューサーの村井邦彦の息子)がトロフィーを受け取った。
受賞者リストはグラミー公式ウェブサイトより引用した。

ジャズ部門
BEST CONTEMPORARY INSTRUMENTAL ALBUM
Steve Gadd Band
Steve Gadd Band
正確にはジャズ枠ではなく、より総合的な枠からの受賞。ピアノがケヴィン・ヘイズに変わっている。

BEST JAZZ INSTRUMENTAL ALBUM
Emanon
The Wayne Shorter Quartet

BEST LARGE JAZZ ENSEMBLE ALBUM
American Dreamers: Voices Of Hope, Music Of Freedom
John Daversa Big Band Featuring DACA Artists

BEST IMPROVISED JAZZ SOLO
Don’t Fence Me In
John Daversa

ジョン・ダベルサは、ラージアンサンブルと、即興ソロの2部門受賞の快挙。

BEST JAZZ VOCAL ALBUM
The Window
Cécile McLorin Salvant

BEST LATIN JAZZ ALBUM
Back To The Sunset
Dafnis Prieto Big Band

ミュージカル関連から。
『The Band’s Visit』には、日本出身の Hiro Iidaが音響デザインで参加している。

BEST MUSICAL THEATER ALBUM
The Band’s Visit
Original Broadway Cast

BEST MUSIC FILM
Quincy
Quincy Jones

総合部門

RECORD OF THE YEAR
SONG OF THE YEAR
BEST MUSIC VIDEO
This Is America
Childish Gambino

ALBUM OF THE YEAR
Golden Hour
Kacey Musgraves

BEST NEW ARTIST
Dua Lipa


BEST POP SOLO PERFORMANCE
Joanne (Where Do You Think You’re Goin’?)
Lady Gaga

BEST POP DUO/GROUP PERFORMANCE
Shallow
Lady Gaga & Bradley Cooper

BEST TRADITIONAL POP VOCAL ALBUM
My Way
Willie Nelson

BEST POP VOCAL ALBUM
Sweetener
Ariana Grande

クラシック部門
ECMからは、デーニッシュ・カルテットがノミネートされたが、惜しくも逃している。

BEST ENGINEERED ALBUM, CLASSICAL
Shostakovich: Symphonies Nos. 4 & 11
Andris Nelsons & Boston Symphony Orchestra

PRODUCER OF THE YEAR, CLASSICAL
Blanton Alspaugh

BEST ORCHESTRAL PERFORMANCE
Shostakovich: Symphonies Nos. 4 & 11
Andris Nelsons

BEST OPERA RECORDING
Bates: The (R)evolution Of Steve Jobs
Michael Christie, Garrett Sorenson, Wei Wu, Sasha Cooke, Edward Parks & Jessica E. Jones

BEST CHORAL PERFORMANCE
McLoskey: Zealot Canticles
Donald Nally

BEST CHAMBER MUSIC/SMALL ENSEMBLE PERFORMANCE
Anderson, Laurie: Landfall
Laurie Anderson & Kronos Quartet

BEST CLASSICAL INSTRUMENTAL SOLO
Kernis: Violin Concerto
James Ehnes

BEST CONTEMPORARY CLASSICAL COMPOSITION
Kernis: Violin Concerto
James Ehnes, Ludovic Morlot & Seattle Symphony

BEST CLASSICAL SOLO VOCAL ALBUM
Songs Of Orpheus – Monteverdi, Caccini, D’India & Landi
Karim Sulayman

BEST CLASSICAL COMPENDIUM
Fuchs: Piano Concerto ‘Spiritualist’; Poems Of Life; Glacier; Rush
JoAnn Falletta

神野秀雄

神野秀雄

神野秀雄 Hideo Kanno 福島県出身。東京大学理学系研究科生物化学専攻修士課程修了。保原中学校吹奏楽部でサックスを始め、福島高校ジャズ研から東京大学ジャズ研へ。『キース・ジャレット/マイ・ソング』を中学で聴いて以来のECMファン。東京JAZZ 2014で、マイク・スターン、ランディ・ブレッカーとの”共演”を果たしたらしい。

3 thoughts on “第61回 グラミー賞(2018) 受賞作品速報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↓ ロボットでないかお知らせください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。