3/23 ECMからジョヴァンニ・グイディの新作『時の流れに』リリース

閲覧回数 15,671 回

イタリアの新世代ピアニスト、ジョヴァンニ・グィディの新作『Avec le temps』(ECM2604)がリリースされた。2015年の『This Is The Day』(ECM2403) 以来のECM3作目。タイトル曲の <Avec le temps>(アヴェック・ル・タン:時の流れに)はフランスのシンガー・ソングライター、レオ・フェレのヒットナンバーで多くの歌手にカバーされている。残りはすべてグイディのオリジナルで、クローザーは昨年7月物故したポーランドのトランペッター、トーマス・スタンコに捧げられた<Tomasz>。トーマス・モーガン (b)、ジョアン・ロボ (ds)のトリオにサックスのフランチェスコ・ベアルザッティとギターのロベルト・チェチェットが加わり、グループ・インプロヴィゼーションを混じえながら音楽は大きな展開を見せる。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。