6/07~10 メールス・フェスティヴァル

閲覧回数 1,716 回

6月7日から10日にかけて、メールス・フェスティヴァルが開催される。かつて、ブーカルト・ヘネン音楽監督時代、故副島 輝人氏のコーディネイトで毎年日本人ミュージシャンが出演していたが、暫くその伝統が途絶えていた。今年のフェスティヴァルでは、ミニ日本特集が組まれ、吉田達也、津山篤、川端一の3人によるソロを含めた幾つかのプロジェクト(ルインズ・アローン、赤天、アシッド・マザーズ・テンプル他)、中村としまる、ヤセイコレクテブが出演する。

音楽監督であるティム・イスフォートによるドイツ、イギリス、ベルギー、ベラルーシ、イタリア、アメリカ、ブラジル、アルゼンチン、ミャンマーのミュージシャンを集めた「グローバル・インプロヴァーザース・オーケストラ」が注目されるところ。また、昨年来日したピーター・エヴァンスがソロで、フラット・アース・ソサエティ、アンゲリカ・ニーシャー・ニューヨーク・トリオなどの他、米欧のリジェンド、マーシャル・アレン率いるサン・ラ・アーケストラ、ギュンター・ベビー・ゾマーも出演する。

フェスティヴァルの詳細は:
http://www.moers-festival.de/en/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↓ ロボットでないかお知らせください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。