5/3-5 ギドン・クレーメル来日〜金沢・風と緑の楽都音楽祭2019

閲覧回数 3,064 回

金沢で開催される「風と緑の楽都音楽祭2019」にラトヴィア出身で、ECM New Seriesを代表するヴァイオリニスト、ギドン・クレーメルが来日し4公演を行う。今回、日本で金沢以外での公演の情報はいまのところなく、ecmrecords.com にも特に表記されていない。公式ウェブサイトでの解説はこちら:【ガル部長のお勉強3】クレーメルは今、○○に夢中!

H13 石川県立音楽堂邦楽ホール
2019年5月3日 – 金祝 16:10 – 17:00
“Preludes for a lost time”(クレーメルと写真家ストゥクスとのコラボレーション)
ヴァインベルク:ヴァイオリンソロのための24曲のプレリュード
ギドン・クレーメル(Vn) + 映像

H24 石川県立音楽堂邦楽ホール
2019年5月4日 – 土祝 19:20 – 20:10
「シューベルトとシルヴェストロフの出会い」
シューベルト:ポロネーズ 変ロ長調 D.580 5つのメヌエットとトリオ
シルヴェストロフ:ヴァイオリンとピアノのための5つの小品
シューベルト:ヴァイオリンソロと弦楽合奏のための「ミューズの子」
ギドン・クレーメル(Vn)、ゲオルギス・オソーキンス(Pf)、オーケストラ・アンサンブル金沢

C22 石川県立音楽堂コンサートホール
2019年5月4日 – 土祝 12:40 – 13:30
アンドレー:演奏会用序曲
シベリウス:ヴァイオリン協奏曲
ヘンリク・シェーファー(指揮)、ギドン・クレーメル(Vn)、エーテボリ歌劇場管弦楽団

A31 金沢市アートホール
2019年5月5日 – 日祝 11:20 – 12:10
「魔神クレーメル ピアノ三重奏」
ヴァインベルク:ヴァイオリン・ソナタ第6番 Op. 136
ショパン:ピアノ三重奏曲 Op.8
ギドン・クレーメル(Vn)、ゲオルギス・オソーキンス(Pf)、ギードレ・ディルヴァナウスカイテ(Vc)

“Preludes for a lost time”(写真家ストゥクスとのコラボレーション)は、ラ・フォル・ジュルネ・ド・ナント2018「亡命」でも演奏されたプログラム。リトアニアの写真家ストゥクスが撮影したソビエト連邦時代の画像とともに演奏される。

アバター

神野秀雄

神野秀雄 Hideo Kanno 福島県出身。東京大学理学系研究科生物化学専攻修士課程修了。保原中学校吹奏楽部でサックスを始め、福島高校ジャズ研から東京大学ジャズ研へ。『キース・ジャレット/マイ・ソング』を中学で聴いて以来のECMファン。東京JAZZ 2014で、マイク・スターン、ランディ・ブレッカーとの”共演”を果たしたらしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↓ ロボットでないかお知らせください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。