ミカ・ストルツマン 6/12 マリンバ・リサイタル カーネギーホール、6/7『Palimpsest』リリース

閲覧回数 807 回

Mika Stoltzman Marimba Recital
2019年6月12日(水) 20:00 カーネギーホール リサイタルホール
Wednesday, June 12, 2019 8 PM Weill Recital Hall in Carnegie Hall

Mika Stoltzman ミカ・ストルツマン, Marimba
Guest Artists:
Richard Stoltzman リチャード・ストルツマン, Clarinet
Eddie Gomez エディ・ゴメス, Bass
Steve Gadd スティーヴ・ガッド, Drums

1. John Zorn: The Nymphs for solo marimba
2. J.S.Bach: Chaconne in D Minor from Violin Partita No. 2, BWV 1004 (arr. for solo marimba by Mika Stoltzman)
3. Gordon Stout: The Beguine of Something Beautiful for Marimba and Clarinet (World Premiere)
4. John Zorn: Palimpsest for clarinet and marimba

5. Bill Douglas: Sambata & Jubilation (Mika, Steve and Eddie)
6. Clarice Assad: Kaleidoskope (World Premiere) (Mika & Eddie)
7. Chick Corea: Birthday Song for Mika-Marimba Fun (World Premiere)
(Mika & Steve)
8. Corea Corea: Marika Groove for Marimba, Clarinet, Bass and Drums (Mika, Richard,Eddie & Steve)

熊本出身で、ボストンを拠点に活躍するマリンバ奏者のミカ・ストルツマンが、カーネギーホールでリサイタルを行う。目玉は、ミカ自らのマリンバ版編曲による渾身のバッハ<シャコンヌ>だ。アサド、スタウトによる、委嘱作品の世界初演。チック・コリア作曲の<Birthday Song>をチックの誕生日に演奏。そして、リチャード・ストルツマンに加え、多忙な仲間たち、スティーヴ・ガッド、エディ・ゴメスが揃う貴重な機会でもある。いや、今回はミカ単独のリサイタルであり、その熱い想いと演奏を受け止めたい。

6月7日には、Mika & Richard Stolzman名義でクラシックサイドの新譜『Palimpsest』(AV2409)をロンドンのAVIEレーベルからリリースする。タイトル曲はジョン・ゾーンがリチャード・ストルツマンの75歳誕生日のために書いた曲だ。

Palimpsest
Richard Stoltzman, clarinet
Mika Stoltzman, marimba
Héctor Del Curto, bandoneón
Pedro Giraudo, double bass

1.J.S.Bach: Chromatic Fantasia (arr. Solo Clarinet and Fugue BWV 903) (arr. Clarinet, Marimba and Bandoneón by R. Stoltzman)
2. J.S.Bach: Chaconne From Partita In D Minor For Solo Violin, BWV 1004 (arr. Solo Marimba by M. Stoltzman)
3. Maurice Ravel: Pavane pour une infante défunte (arr. Clarinet and Marimba)
4. William Thomas McKinley: Mostly Blues Nos. 2, 8 & 12 for Clarinet and Marimba
5. John Zone: Palimpsest for Clarinet and Marimba
6. Astor Piazzolla: Tango–Étude No. 5 (arr. Solo Clarinet)
7. Astor Piazzolla: Fuga y misterio (arr. Clarinet, Marimba, Bandoneón and Bass)

Palimpsest for Marimba and Clarinet 2018 by John Zorn

アバター

神野秀雄

神野秀雄 Hideo Kanno 福島県出身。東京大学理学系研究科生物化学専攻修士課程修了。保原中学校吹奏楽部でサックスを始め、福島高校ジャズ研から東京大学ジャズ研へ。『キース・ジャレット/マイ・ソング』を中学で聴いて以来のECMファン。東京JAZZ 2014で、マイク・スターン、ランディ・ブレッカーとの”共演”を果たしたらしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↓ ロボットでないかお知らせください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。