6/14-17 小曽根 真 featuring No Name Horses at ブルーノート東京

閲覧回数 1,317 回

MAKOTO OZONE featuring NO NAME HORSES
小曽根真 featuring NO NAME HORSES

2019年6月14日(金) 6月17日(月)18:30 21:00
2019年6月15日(土) 6月16日(日)17:00 20:00
ブルーノート東京 Blue Note Tokyo

小曽根真(p)、Eric Miyashiro (tp,flgh)、
木幡光邦 (tp,flgh)、奥村晶(tp,flh)、岡崎好朗(tp)
中川英二郎(tb)、Marshall Gilkes(tb)、山城純子(bass-tb)
近藤和彦(as,ss,fl), 池田篤(as,fl), 三木俊雄(ts), 岡崎正典(ts)
岩持芳宏(bcl,bs), 中村健吾(b)、高橋信之介(ds)

2004年、伊藤君子の『一度恋をしたら〜Once You’ve Been In Love』のレコーディングのために小曽根真が結成した臨時編成のバンドから生まれた No Name Horses。2006年には独自にファーストアルバム『No Name Horses』を発表、ニューヨークのIAJE(国際ジャズ教育協会)総会で演奏し、大きな反響を呼んだ。
そして日本が世界に誇るビッグバンドとして、エジンバラ・ジャズ・フェスティバル、ラ・フォル・ジュルネ、ラ・ロック・ダンテロン国際ピアノフェスティバルなどに出演。継続するプロジェクト、大切なファミリーとなり、数々のアルバムを残している。この、2018年12月には、パリ・日本文化会館(Maison de la Culture du Japon à Paris)で2日間の公演を行い、スタンディングオベーションとなった。

4年ぶりとなる、ブルーノート東京でのクラブ公演で、結成15周年を記念する。今回、小曽根とメンバー達による新曲も演奏されるものと期待され、新たに生まれるサウンドが楽しみでならない。

8月には、エリック・ミヤシロと中川英二郎の2ホーンによるクインテットのライブも予定されている。

小曽根真 No Name Horses Quintet
小曽根 真(ピアノ)、エリック宮城(トランペット)
中川英二郎(トロンボーン)、中村健吾(ベース)、高橋信之介(ドラムス)
2019年8月2日(金)18:30 21:15 ブルーノート名古屋

2019年8月3日(土) 17:00 東京・大田区民ホール・アプリコ 大ホール‍

アバター

神野秀雄

神野秀雄 Hideo Kanno 福島県出身。東京大学理学系研究科生物化学専攻修士課程修了。保原中学校吹奏楽部でサックスを始め、福島高校ジャズ研から東京大学ジャズ研へ。『キース・ジャレット/マイ・ソング』を中学で聴いて以来のECMファン。東京JAZZ 2014で、マイク・スターン、ランディ・ブレッカーとの”共演”を果たしたらしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↓ ロボットでないかお知らせください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。