7/3, 5, 12 作曲家 細川俊夫 国立音楽大学 公開講座2019

閲覧回数 1,071 回

国立音楽大学では、毎年、作曲家の細川俊夫を招いて公開講座を行っている。初日の「細川俊夫 自作を語る」では、昨今、世界的に細川のオペラ作品が評価され上演される中で「声の力」について語る。聴講自由、一般公開となっているので、ぜひ一般の方にも聴いていただきたい。また細川が、菊地雅章や福盛進也にさきがけて、ECMから自身名義のアルバムがリリースされた最初の日本人であることに立ち返れば、ジャズを専攻する学生にもその秘密を探って欲しいところでもある。

細川俊夫招聘教授 公開講座2019
7月3日(水)、5日(金)、12日(金)18:00~19:30 新1号館128教室・合唱スタジオ(聴講自由・入場無料)

1)「細川俊夫 自作を語る」
2019年7月3日(水)18:00~19:30
新1号館128教室・合唱スタジオ
*「声の力」について

2)「作曲特別レッスン」
2019年7月5日(金)18:00~19:30
新1号館128教室・合唱スタジオ
*下記3名の学生の作品を実演し、レッスンして頂きます。
・紺野鷹生(修1)《山風は湖面を渡る》
Vn:吉澤萌依子
・灰街令(修2)《季節はずれのフローラルの専門店》
Prep.Pf:井口みな美 fixed media:灰街令
・奥山路賀(修2)《金曜日》
Sop:太田友梨 Perc:高木雅也、山口啓

3)「細川俊夫作品 演奏ワークショップ」
2019年7月12日(金)18:00~19:30
新1号館128教室・合唱スタジオ
*本学学生により細川先生の作品を上演し演奏への助言を頂く公開リハーサル形式。
・《エチュード I ―2つの線―》(2011/12)
Pf:黒沼佳那(学3)
・《静かな河》(2016)
Cl:小澤恵美 Hrn:加藤歩未 Trbn:杉谷奈々子
Vla:藤堂茉由(以上学3) Pf:山城柚季(学4)
・《旅 VIII》(2006)
指揮:板倉康明先生 Tuba Solo:坂本光太(博2)
Fl:佐藤佑香 Picc:石井優菜 B.Fl:永井みゆき
Ob:新倉瑞稀(学4) Cl&B.Cl:三上瑞季
C.Fg:松本理紗 Hrn:青木夏帆 Trp:榛葉隆仁
Trbn:杉谷奈々子 Perc:茶木修平、田中克典
Pf:山城柚季(学4)
Vn:北原恵理 井川璃理(修2)
Vla:藤堂茉由 Vc:西田歩夢 Cb:太田早紀
*記載のある者以外は全て学3

神野秀雄

神野秀雄

神野秀雄 Hideo Kanno 福島県出身。東京大学理学系研究科生物化学専攻修士課程修了。保原中学校吹奏楽部でサックスを始め、福島高校ジャズ研から東京大学ジャズ研へ。『キース・ジャレット/マイ・ソング』を中学で聴いて以来のECMファン。東京JAZZ 2014で、マイク・スターン、ランディ・ブレッカーとの”共演”を果たしたらしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↓ ロボットでないかお知らせください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。