高田馬場 ジャズ喫茶「マイルストーン」7月31日閉店

閲覧回数 3,450 回

ジャズ喫茶「マイルストーン」 1976-2019
東京都新宿区高田馬場1-23-9 イガリビル1F

東京・高田馬場のジャズ喫茶「マイルストーン」が2019年7月31日を以て閉店する。オーナーの織戸 優(おりとまさる)氏が、1976年に開店し43年に渡って高田馬場の街の移り変わりを受け止めながら「ジャズ喫茶」として、そこに在り続けた。近くに早稲田大学、そしてモダンジャズ研究会(ダンモ)、Swing & Jazz Club、ハイ・ソサエティ・オーケストラを擁しているから、ここを居場所にしながらプロに巣立ったミュージシャンも少なくない。開店当時は学生が7割だったが、今は社会人が多く、女性客も多い。

筆者も学生の頃お世話になり、パット・メセニーやキース・ジャレットをリクエストしていて、思えば、当時、ECMを気兼ねなくかけられる店だった。その当時の想いから、早稲田大学ダンモにも在籍していた川村結花が、SMAPで大ヒット(1998)となった<夜空ノムコウ>セルフカヴァーも収められた、名盤『Lush Life』(1999)に<マイルストーン>としてオマージュしている。「マイルストーン」と<マイルストーン>の話は、こちらの記事の末尾を。そういえば、<夜空ノムコウ>も昔通った喫茶店が消えた喪失感がきっかけで作曲されたことを最近知ったが、その切なさがかすかに交錯する。

JBLホームページによると、1976年開店当初からJBLを使い、20年目の改装時にJBL「Olympus S8R」を導入。手彫りの格子グリルがはめこまれていて、その中に38cmウーハーとパッシブラジエーター。その上に「蜂の巣」とも呼ばれるホーンレンズ「HL88」に中低域ドライバー「375」を組み合わせてあり、ツイッター「075」を追加してあり、真空管アンプ「マッキントッシュ MC30」で鳴らし、織戸氏が随所にこだわり組み上げて、その好みのサウンドを実現していた。

老舗のジャズ喫茶がまたひとつひっそりと店を畳むという話ではなく、織戸氏がおめでたい話とともに新しい人生に踏み出すというから、祝福を持って最後を見届けたいところだ。

7月26日(金)まで通常営業 13:00〜23:00
※フードメニューは終了

「マイルストーン感謝祭」 14:00〜21:00
7月27日(土)・28日(日)(29日は休み)
7月30日(火)・31日(水)
入場料200円、缶珈琲付
撮影自由

神野秀雄

神野秀雄

神野秀雄 Hideo Kanno 福島県出身。東京大学理学系研究科生物化学専攻修士課程修了。保原中学校吹奏楽部でサックスを始め、福島高校ジャズ研から東京大学ジャズ研へ。『キース・ジャレット/マイ・ソング』を中学で聴いて以来のECMファン。東京JAZZ 2014で、マイク・スターン、ランディ・ブレッカーとの”共演”を果たしたらしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↓ ロボットでないかお知らせください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。