10/25-27 アジムス & マルコス・ヴァーリ
8/12-16 クロスオーバーイレブン

閲覧回数 2,703 回

AZYMUTH & MARCOS VALLE
アジムス & マルコス・ヴァーリ
ブルーノート東京 Blue Note Tokyo

2019年10月25日(金) 18:30 21:00
2019年10月26日(土)〜27日(日) 17:00 20:00

Marcos Valle (vo, Fender Rhodes) マルコス・ヴァーリ (ヴォーカル、フェンダーローズ)
Alex Malheiros(b) アレックス・マリェイロス (ベース)
Ivan Conti(ds) イヴァン・コンチ (ドラムス)
Kiko Continentino(key,p) キコ・コンティネンティーノ (キーボード、ピアノ)
Patricia Alvi(vo) パトリシア・アルヴィ (ヴォーカル)
Jessé Sadoc(tp,flh) ジェッセ・サドッキ (トランペット、フリューゲルホーン)

「クロスオーバーイレブン」は、1978年11月23日〜2001年3月29日まで22年以上にわたり23時台にNHK-FMで放送されていた音楽番組。その前後にも特別番組として放送される機会があり、現在は春と夏の期間限定で放送され、今夏は2019年8月12日(月)〜16日(金)23:00〜23:59にNHJ-FMで放送される。選曲は小倉エージと大伴良則、脚本は北阪昌人、パーソナリティーは津嘉山正種。

そのオープニングを印象的に飾っていたのが、ブラジルのグループ「アジムス」の<Vôo Sobre O Horizonte (Fly over the Horizon)>であり、文字通り、浮遊感のあるサウンドはクロスオーバー時代のまっただ中にあっても独自の存在感を放ち、今でも多くの人々の心の奥底に残り続ける。アジムスは、1960年代にジョゼ・ホベルト・ベルトラミ(キーボード)、アレッサンドロ・マレイロス(ベース)、イヴァン・コンチ(ドラム)の3人で結成され、当時はAzimuthと綴っていた!!
2012年7月8日にジョゼ・ホベルト・ベルトラミが亡くなったが、キーボードにキコ・コンティネンティーノが参加し、2016年のアルバム『フェニックス』をリリースしている。そしてマルコス・ヴァーリは9年ぶりの新作『センプリ』をリリースしたばかり。最近ではアジムスのツアーに加え、アジムス&マルコス・ヴァーリのツアーも継続的に行われている。

神野秀雄

神野秀雄

神野秀雄 Hideo Kanno 福島県出身。東京大学理学系研究科生物化学専攻修士課程修了。保原中学校吹奏楽部でサックスを始め、福島高校ジャズ研から東京大学ジャズ研へ。『キース・ジャレット/マイ・ソング』を中学で聴いて以来のECMファン。東京JAZZ 2014で、マイク・スターン、ランディ・ブレッカーとの”共演”を果たしたらしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。