8/22-9/2 ラリー・カールトン withリチャード・ボナ ジャパンツアー 2019

閲覧回数 3,447 回

LARRY CARLTON with special guest RICHARD BONA JAPAN TOUR 2019
ラリー・カールトン with special guest リチャード・ボナ ジャパンツアー 2019

Larry Carlton(g) ラリー・カールトン(ギター)
Richard Bona(b,vo) リチャード・ボナ(ベース、ヴォーカル)
Paul Weimar(sax) ポール・ワイマール(サックス)
Ruslan Sirota(key) ルスラン・シロタ(キーボード)
Gene Coye(ds) ジーン・コイ(ドラムス)

8月22日(木) 19:00 福岡・FFGホール
8月23日(金) 19:00 大阪・サンケイホールブリーゼ
8月25日(日) 13:00 サッポロ・シティ・ジャズ “North JAM Session 2019”
8月26日(月) 18:30 21:15 名古屋ブルーノート
8月27日(火) 19:00 静岡市清水文化会館マリナート
8月29日(木)〜8月30日(金) 18:30 21:00 ブルーノート東京
8月31日(土)〜9月1日(日) 17:00 20:00 ブルーノート東京
9月2日(月) 18:30 21:00 ブルーノート東京

1948年カリフォルニア生まれのギターレジェンド、ラリー・カールトンと、1967年アフリカ・カメルーン共和国生まれのスーパーベーシスト、リチャード・ボナの世界初共演が日本で実現し、全国5都市で公演を行う。最近のラリー・カールトン・カルテットのメンバーは、息子のトラヴィス・カールトン(b)、ルスラン・シロタ(keyb)、ジーン・コイ(ds)となっていて、これを母体にリチャード・ボナが加わったとみることができる。リチャードの2018年11月の来日は、4ヵ国の出身者からなる自身のバンドだった。

ラリーは、1971〜76年にザ・クルセイダーズのメンバーとしても活動し、今日に至るまでスティーリー・ダンをはじめサポートしたミュージシャンは数え切れない。1978年に<Room 335>を含む『Larry Carlton (夜の彷徨)』が日本でも大ヒット。335は、フュージョンの立役者となったギブソンのセミアコースティックギターの名器ES-335に由来し、自宅スタジオを「Room 335」と名付けた。1997〜2010年にかけては、リー・リトナーから引き継いで、フォープレイのメンバーでもあった。これまで30を超えるソロ・アルバムを発表し、松本孝弘との共演盤『Take Your Pick』を含む4度のグラミー賞を受賞している。

リチャードは、ジャコ・パストリアスを継承、発展させる現代最高のスーパーベーシストであるとともに、大地を感じさせる優しい歌と強烈なグルーヴを併せ持ち多彩な音楽を創り奏でる。日本にも親近感を持ち、NHK「みんなのうた」に「風がくれたメロディ」を提供する一方、ニューヨークで「Somethin’」(池袋が本店)を引き継いで自己のジャズクラブ「Club Bonafide」のオーナーとなっている(プレオープニング公演のレポートはこちら)。マイク・スターン・グループ、パット・メセニー・グループ、ステップス・アヘッドなどにも参加、最近はアフリカ音楽とキューバ音楽を融合したプロジェクト「マンデカン・クバーノ」での活動も多い。ソロアルバムを『Heritage』まで計9作をリリースしている。

ラリーのグループを母体にするだけに、リチャードのオリジナルと歌をどう演奏するのかも興味深い。ウクライナ出身のピアニストのルスラン・シロタも楽しみだ。また、昨今、ジャズミュージシャンの来日公演で全国規模のツアーが難しくなり、大阪ですら聴けないという状況もある中で、日本の主要5都市を完全に網羅した興行の実現と成功させたことを高く評価したい。

Larry Carlton – Jazz a Vienna
Larry Carlton (g), Travis Carlton (b), Dennis Hamm (keyb), Gene Coye (ds)

Larry Carlton Quartet Live at Blue Note Napa, February 22, 2019
Larry Carlton (g), Travis Carlton (b), Ruslin Sirota (keyb), Gene Coye (ds), Don Aliquo (sax)

Larry Carlton / Room 335

Richard Bona & Mandekan Cubano / Jokoh Jokoh

Richard Bona / 風がくれたメロディ

Ruslan Sirota – A Lifetime Away

Austin Peralta, Thundercat, Gene Coye – Live on BBC Radio 1

神野秀雄

神野秀雄

神野秀雄 Hideo Kanno 福島県出身。東京大学理学系研究科生物化学専攻修士課程修了。保原中学校吹奏楽部でサックスを始め、福島高校ジャズ研から東京大学ジャズ研へ。『キース・ジャレット/マイ・ソング』を中学で聴いて以来のECMファン。東京JAZZ 2014で、マイク・スターン、ランディ・ブレッカーとの”共演”を果たしたらしい。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。