8/30 Neo-Symphonic Jazz at 芸劇 2019
挾間美帆 x 原田慶太楼 x シャイ・マエストロ

閲覧回数 5,102 回

昨年まで4年間にわたって「N響JAZZ at 芸劇」と銘打ち “シンフォニック・ジャズ” を取り上げてきた東京芸術劇場が、今年から装いも新たに「NEO-SYMPHONIC JAZZ at 芸劇」として “新しいシンフォニック・ジャズ”を提供することになった。構成とプロデュースはNY在住の作・編曲家、挾間美帆。8/30に開催される第1回は、原田慶太楼が東京フィルを振り、ピアニストはイスラエル出身の俊英シャイ・マエストロ。“新しいシンフォニック・ジャズ” にふさわしく、挾間、原田、シャイの30代トリオが勢ぞろいする。

プログラムは、シンフォニック・ジャズのふたりの大御所、ジョージ・ガーシュウインとレナード・バーンスタインに敬意を表し、次世代としてクラウス・オガーマンとヴィンス・メンドーサ、さらに新世代のシャイ・マエストロと挾間美帆と、3世代にわたる作品が演奏される。なお、シャイ・マエストロがソロイストを務める挾間の<ピアノ協奏曲第1番>は、委嘱作品で世界初演。

NEO-SYMPHONIC JAZZ at芸劇 2019
8/30(金)open 18:00 挾間美帆プレトーク 18:40 start 19:00
池袋 東京芸術劇場コンサートホール

構成・プロデュース:挾間美帆 ピアノ:シャイ・マエストロ
原田慶太楼 指揮 東京フィルハーモニー交響楽団
問)0570-010-296 http://www.geigeki.jp/performance/concert183/

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。