8/24 アンサンブルズ東京 2019「自分たちの手で作り上げる音楽祭」

閲覧回数 1,489 回

大友良英のディレクションのもと、2015年から開催されている参加型フェスティバル「アンサンブルズ東京」。大友は、1959年横浜生まれ、福島育ちで、現在は大河ドラマ「いだてん」の音楽を担当中で、「あまちゃん」を含め数々の映画・劇伴音楽で活躍する他、フリージャズ、ノイズミュージックでは世界的に評価を受け、さらに音楽に留まらない幅広いフィールドで活躍している。今年の「アンサンブルズ東京」は8月24日(土)より東京タワーで開催される。震災後に始まった「プロジェクトFUKUSHIMA!」との連携もありながら、参加したすべての人が、それぞれの立場やあり方を超えて、自分たちの手で新たな音楽の場を作り上げる。

アンサンブルズ東京
2019年8月24日(土)16:00~20:00 東京タワー 南側駐車場

16:00~16:15 東京タワーパレード
16:15~17:00 芳垣安洋とOrquesta Nudge! Nudge!
17:00~17:45 栗コーダーカルテット
17:45~18:15 プロジェクトFUKUSHIMA!トーク
18:15~19:45 盆踊り
大友良英スペシャルビッグバンド
スペシャルゲスト水前寺清子
踊り:伊藤千枝子(元・珍しいキノコ舞踊団)
19:45~20:00 みんなで会場片付け

入場・観覧無料。盆踊りはもちろん誰でも当日参加できる。

事前に音楽・パフォーマンスのワークショップを行い、イベント当日は一般参加者と共にステージに上がる。今回は、アンサンブルズ東京のために大友良英が作った新しい東京の音頭も生演奏・生歌で披露。「三百六十五歩のマーチ」でおなじみのチータこと水前寺清子が生で歌う音頭に合わせて来場者みんなで踊る「盆踊り」も行う。

まだ、8月22日(木)の「音頭囃子方ワークショップ」(2回目、池袋)の参加に間に合えば、演奏での参加も可能だ。当日は、大友良英スペシャルビッグバンドを含むワークショップ参加者、水前寺清子との共演となる。また、8月22日(木)まで継続してオープンしている「大風呂敷・はっぴ作りワークショップ」では、SANYO提供の生地、各地からの生地、持ち寄った生地で自分だけのはっぴを作ることができる。以下、ウェブサイトから引用、少し編集している。詳細は公式ウェブサイトはご参照いただきたい。
——
音頭囃子方ワークショップ/大友良英スペシャルビッグバンド
7月のプレイベントで大友さんと参加者が新しく作った東京のための「音頭」を演奏するワークショップ。「ええじゃないか音頭」や他の音頭もやります。 性別、国籍、年齢も関係なく誰でも大歓迎。どんな楽器でもO.K。ただし、持ち運びながら演奏ができるもので参加して下さい(電源なし)。
日時 8月22日(木)19:00〜21:00
会場 東京芸術劇場5F、シンフォニースペース(東京都豊島区西池袋1-8-1)
参加料 2,000円、60歳以上・小中学生1,000円 未就学児無料
お申込み:事務局メールアドレス(etws@ensembles.info)まで、件名を「お囃子ws」として、お名前、住所、年齢、電話番号、参加日、使用楽器を知らせる。※直接行ってもなんとかなる見込み。

プロジェクト FUKUSHIMA ! 大風呂敷・はっぴ作りワークショップ
(はっぴ監修:ファッションブランド PERMINUTE のデザイナー 半澤慶樹)

みんなで楽しく大風呂敷を作成するワークショップ。作成した大風呂敷は、イベント当日に会場を彩ります。ミシンを触ったことがなくても大丈夫!短時間の参加でもOK。今年ははっぴ作りにも挑戦!はっぴの監修は、プロジェクトFUKUSHIMA!の活動に初年度から参加しており、2016年にファッションレーベル PERMINUTE を立ち上げ、2018 年春夏シーズンより東京コレクションに公式参加もしている半澤慶樹さん!SANYOからの生地の提供も。作ったはっぴを着て 8月24日(土)イベント当日の盆踊りに参加しましょう!
日時 8月16日(金)〜22日(木)平日12:00〜20:00、土日11:00〜18:00 (全日程とも上記の日時でオープンしていますので、ご都合に合わせてご参加ください。)
会場 GOOD DESIGN Marunouchi(東京都千代田区丸の内3-4-1 新国際ビル1F)
参加料 無料
当日飛び込み参加も歓迎。その場合は、直接会場までお越しください。
持ち物 大風呂敷製作に使用する布をお持ちください。きれいな色、大きいもの歓迎。小さくても、自宅に余っているものでOK。※布がないという方でもご参加いただけます。

2018年度 アンサンブルズ東京(ロングバージョン)

2017年度 アンサンブルズ東京(ショートバージョン)

神野秀雄

神野秀雄

神野秀雄 Hideo Kanno 福島県出身。東京大学理学系研究科生物化学専攻修士課程修了。保原中学校吹奏楽部でサックスを始め、福島高校ジャズ研から東京大学ジャズ研へ。『キース・ジャレット/マイ・ソング』を中学で聴いて以来のECMファン。東京JAZZ 2014で、マイク・スターン、ランディ・ブレッカーとの”共演”を果たしたらしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↓ ロボットでないかお知らせください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。