9/5 林正樹 × 藤本一馬 × 北村聡 8/28 orange pekoe

閲覧回数 2,207 回

この夏、ミュンヘン在住ドラマーの福盛進也が来日し多様なライヴの数々を魅せたが、その中でも、orange pekoeのギタリスト藤本一馬、ピアニスト林正樹、ベーシスト西嶋徹などとのコラボレーションがいくつかあり、素晴らしい演奏を聴かせてくれた。バンドネオンの北村聡も含め、ジャズ、クラシック、ブラジル、アルゼンチンなど世界中の音を吸収しながら独自の音楽を創ってきた仲間たち。orange pekoeとの共演、トリオなど貴重なプロジェクトの公演を楽しみたい。

林正樹 × 藤本一馬 × 北村聡 ~中川ヨウ produce vol.37~

2019年9月5日(木) 19:30 渋谷 JZ Blat
林 正樹(p) 藤本一馬(g) 北村 聡(bandneon)
林正樹さんの知性と透明感のあるピアノ。藤本一馬さんのギターの一音一音から伝わってくる癒し。北村聡さんのバンドネオンは、天上の澄んだ音を降ろします。ジャンルをまたぐ音楽活動で評価の高い3人ですが、非常に仲が良く、4年前にJZ Bratで公演し大好評を博しました。一馬さんが米国留学から帰国した今、JZ Bratだけで再演します!ご一緒に美しい音楽に浸り、浄化されましょう。(中川ヨウ)

orange pekoe Sings songs from Organic Plastic Music

2019年8月28日(水) 18:30 21:00
Tomoko Nagashima(vo) ナガシマトモコ(ヴォーカル)
Kazuma Fujimoto(g) 藤本一馬(ギター)

Masaki Hayashi(p) 林正樹(ピアノ)
Toru Nishijima(b) 西嶋徹(ベース)
Ryo Saito(ds) 斉藤良(ドラムス)

ナガシマトモコ、藤本一馬によるユニット「orange pekoe」は、1998年に活動を開始、結成20年を迎えた。ジャズ、ラテン、ブラジル、ソウル、ラウンジなど多彩な要素を取り入れたサウンドと、ナチュラル&オーガニックな音楽性で幅広い人気を獲得している。20周年を記念して、ブルーノート東京に初登場、メジャー・デビュー・ファーストアルバム『Organic Plastic Music』からの楽曲を中心にした特別なライブ、原点に回帰しながら、現在進行形の音を表現する。

藤本一馬 『FLOW』

orange pekoe 愛の泉

会田桃子(Vn) /北村聡(Bn) / 林正樹(Pf) / 西嶋徹(Cb) ゲスト:海沼正利(Perc) / セルヒオ・ビジャロエル(歌)

神野秀雄

神野秀雄

神野秀雄 Hideo Kanno 福島県出身。東京大学理学系研究科生物化学専攻修士課程修了。保原中学校吹奏楽部でサックスを始め、福島高校ジャズ研から東京大学ジャズ研へ。『キース・ジャレット/マイ・ソング』を中学で聴いて以来のECMファン。東京JAZZ 2014で、マイク・スターン、ランディ・ブレッカーとの”共演”を果たしたらしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↓ ロボットでないかお知らせください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。