12/11-20 スティーヴ・ガッド・バンド・ジャパン・ツアー 2019

閲覧回数 588 回

STEVE GADD BAND JAPAN TOUR 2019
featuring DAVID SPINOZZA, KEVIN HAYS, JIMMY JOHNSON & WALT FOWLER
スティーヴ・ガッド・バンド・ジャパン・ツアー 2019
featuring デヴィッド・スピノザ、ケヴィン・ヘイズ、ジミー・ジョンソン & ウォルト・ファウラー

2019.12.8(日) 下関ビリー
2019.12.9(月) 大分ブリック・ブロック
2019 12.11(水) 名古屋ブルーノート
2019.12.12(木) 18:30 21:30 ビルボードライブ大阪
2019 12.14(土) 17:00 20:00 東京・丸の内 コットンクラブ
2019 12.16(月)〜18日(水) 18:30 21:00 ブルーノート東京
2019 12.20(金) サッポロ・シティ・ジャズ “THEATER JAZZ LIVE 2019”

Steve Gadd(ds) スティーヴ・ガッド(ドラムス)
David Spinozza(g) デヴィッド・スピノザ(ギター)
Kevin Hays(key) ケヴィン・ヘイズ(キーボード)
Jimmy Johnson(b) ジミー・ジョンソン(ベース)
Walt Fowler(flh,tp) ウォルト・ファウラー(フリューゲルホーン、トランペット)

ジャンルを問わず完璧なテクニックでとてつもないグルーヴを叩き出すスーパードラマーとして、ファーストコールに君臨し続けたスティーヴ・ガッド。最近ではエリック・クラプトン、ジェームス・テイラーのサポートが筆頭となるが、ジェームス・テイラー・バンドのコアメンバーとともに活動を続けてきたのがスティーヴ・ガッド・バンドだ。最新作『スティーヴ・ガッド・バンド』が第61回グラミー賞「ベスト・コンテンポラリー・インストゥルメンタル・アルバム」賞を獲得しながら精力的にツアーを行っている。バンドのテーマ曲となる<Wind Up>、ファーストアルバムに収められた<Country>などキース・ジャレットの曲がしばしば取り上げられるのも嬉しい。ここ数年ではケヴィン・ヘイズが加わった他、今回、ギターのデヴィッド・スピノザも加わり新しい展開を魅せてくれそうだ。

神野秀雄

神野秀雄

神野秀雄 Hideo Kanno 福島県出身。東京大学理学系研究科生物化学専攻修士課程修了。保原中学校吹奏楽部でサックスを始め、福島高校ジャズ研から東京大学ジャズ研へ。『キース・ジャレット/マイ・ソング』を中学で聴いて以来のECMファン。東京JAZZ 2014で、マイク・スターン、ランディ・ブレッカーとの”共演”を果たしたらしい。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。